« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月30日 (月)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第二部 後編 嘉納治五郎の夢が実現! 金栗田畑涙のあの開会式 歩み見守る志ん生

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(40)バック・トゥ・ザ・フューチャー ~最終章スタート! いよいよ1964!へ~
1959年。東京オリンピックの招致活動が大詰めを迎えていた田畑(阿部サダヲ)は、東京都庁にNHK解説委員の平沢和重(星野 源)を招き、きたるIOC総会での最終スピーチを引き受けるよう頼みこむ。断る平沢に対し田畑は、すべてを失った敗戦以来、悲願の招致のために全力を尽くしてきた自分の「オリンピック噺」を語って聞かせる。それは、戦後の食糧不足の中、浜松で天才・古橋廣之進(北島康介)を見いだすところから始まる──。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第二部 後編 嘉納治五郎の夢が実現! 金栗田畑涙のあの開会式 歩み見守る志ん生"

| | コメント (0)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第二部 前編 とてつもない困難を前に東京招致挑む男の決意! 一番おもしろいことが義務

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(25)時代は変る ~新章開始! 日本に五輪を呼んだ男!~
いだてん後半の主人公がいよいよ登場! 四三(中村勘九郎)がまさかの3度目のオリンピックに出場し、負けて帰ってきた報告会で「負けちゃ意味がない」と息巻く若者が現れる。田畑政治(阿部サダヲ)である。30歳で死ぬと予言され、体の弱かった彼は、自分が生きている間に日本水泳を世界レベルに引き上げようと血気盛ん。朝日新聞に記者として入社し、政治家の大物・高橋是清(萩原健一)にも接触。震災不況でオリンピック参加に逃げ腰の治五郎(役所広司)や金に厳しい岸 清一(岩松 了)も驚く多額の資金援助をとりつけてみせる。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第二部 前編 とてつもない困難を前に東京招致挑む男の決意! 一番おもしろいことが義務"

| | コメント (0)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第一部 後編 スポーツで皆笑顔になる! 五輪は平和だからこそできる運動会

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(14)新世界 〜新章に突入!〜
オリンピックの戦いを終え、ストックホルムから帰国する四三(中村勘九郎)。元号も明治から大正に移り、四三には人々の空気が変わったように感じられる。報告会で大勢の高師の仲間が四三の健闘を称える中、敗因を問いただす女性が出現。永井道明(杉本哲太)の弟子・二階堂トクヨ(寺島しのぶ)である。永井とトクヨはオリンピックでの敗北を受け、娯楽スポーツではなく強靭(きょうじん)な肉体を作る体育の推進を改めて主張する。同じころ、孝蔵(森山未來)は四三とは逆に旅立とうとしていた。円喬(松尾スズキ)とは別の噺家について地方を回るのだ。新橋駅から出発の日。師匠に見限られたと思っていた孝蔵のもとに、円喬が駆けつけて──。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第一部 後編 スポーツで皆笑顔になる! 五輪は平和だからこそできる運動会"

| | コメント (0)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第一部 前編 参加することに意義がある! 日本初五輪 参加した男! その道に加わる熱い男たち

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・[新] (01)夜明け前
1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。スポーツという言葉すら知られていない時代。初めての派遣選手をどう選ぶか。日本オリンピック史の1ページ目を飾る物語。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・総集編第一部 前編 参加することに意義がある! 日本初五輪 参加した男! その道に加わる熱い男たち"

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

連続テレビ小説おしん・アナザーストーリーズ『運命の分岐点』(後編)

<前編よりつづく>

MULTI ANGLE DOCUMENTARY
Navigator・MATSUHIMA Nanako
Narration・HAMADA Gaku
Director・ISHITOBI Atsushi
『アナザーストーリーズ・運命の分岐点』

【松嶋】橋田さんが語り継ごうとした、日本人が歩んできた道のり。それが視聴者の胸を打ったのは、過酷な撮影現場に立ち向かった俳優たちの存在があったからです。第二の視点、一人目は、いかだに乗って奉公に出されるおしんを演じた、名もなき子役。当時わずか10歳だったその少女は、周りのスタッフを仰天させるほどの覚悟で撮影に挑んでいました。そしてもう一人は、この極寒の最上川で、その当時の日本にあった悲劇的な真実を伝えようと、鬼気迫る演技を見せた女優です。身の危険さえ顧みず、その役を演じきった女優の決意は、ドラマが伝えるメッセージをより強烈なものにしました。

【N】現在放送中の『なつぞら』。その中で、北海道開拓に来た貧しい一家を支える母がいる。

小林綾子「天陽と、仲良くしてやってね」
   天陽の背中をポンと押す。

【小林】おはようございま~す。よろしくお願いいたします。どうも、失礼しま~す。

【N】彼女こそ、少女時代のおしんを演じ、一躍時の人となった小林綾子。当時はまだ、10歳だった。

おしん「旦那様は優しい人だ! おれ、ここさ奉公に来て、いがった! (山形の方を向いて)母ちゃん! おれ、学校さ行くんだぞッ!」

【小林】私にとって『おしん』は、なかなか経験できないような貴重な体験を、いっぱいさせていただいた、あの……大切な作品で、おしんに出会ったことで、ずいぶん(人生が)大きく変わったかな、とは思いますね、うん。

続きを読む "連続テレビ小説おしん・アナザーストーリーズ『運命の分岐点』(後編)"

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

vol.287・総括2019年

vol.287・総括2019年 (パーソナリティ:Kassy)


 


第286回放送です。


2019年最終回!
年末恒例の飲み会で、2019年を大総括します。
大総括、といっても出来事を読み上げているだけなんですけどね。


 


今回のListening Pointは……


呼吸困難


 


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

連続テレビ小説おしん・アナザーストーリーズ『運命の分岐点』(前編)

おしん「(いかだから身を乗り出して)かあちゃん! かあちゃん!」

【N】一人の少女の過酷な運命に、お茶の間が、くぎづけとなった──。

   村の子どもに殴られそうになりながら、
おしん「ほだなことで、おれがやめると思ってるのか?」

【N】朝ドラ『おしん』。

おしん「米五俵くれるって言うから、どだいつらいことあったって辛抱するつもりできたンだ……。帰れねえッ! 帰れねえンだってばッ! (土下座して)お願えします! お願えしますッ!」

【N】そこには、女たちの熱い思いが、込められていた。

スーパー
──脚本家・橋田 壽賀子──
【橋田壽賀子(以下、橋田)】私自身の人生も、集大成できるものが書けた──。

 

MULTI ANGLE DOCUMENTARY
Navigator・MATSUHIMA Nanako
Narration・HAMADA Gaku
Director・ISHITOBI Atsushi
『アナザーストーリーズ・運命の分岐点』

続きを読む "連続テレビ小説おしん・アナザーストーリーズ『運命の分岐点』(前編)"

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

連続テレビ小説おしん・完結篇(292)~(297) [終]

おしんと仁が「スーパーたのくら」1号店を開いてから30年、
小規模ながらも各地に16店舗を有し、昭和58(1983)年の春には
百貨店並みの17店舗目をオープンすることができました。

しかし、同じ町に大手スーパーが進出し、
たのくらの客足はたちまち落ち始めます。
今まで築き上げてきたものすべてをつぎ込んできただけにたのくらの打撃は大きく、
昭和59(1984)年の新春も、田倉家には暗いものでした。

このままでは、今月末の約束手形分さえも支払えず
いつ不渡りを出してもおかしくない状況に陥っています。
ここは借入金を整理して、17号店と自宅を売り飛ばしてでも
1店舗でも2店舗でも残るようにしなければ生き残れません。

「今の世の中は、お金を持っている人だけが金儲けできるんだから」
丸裸になる覚悟が必要かもしれないというときですが、
何度も店を立ち上げ、何度もつぶしてきたおしんにとっては
ふふふっ、と笑う余裕さえ感じられます。

亡き夫・竜三が夢見た店も出すことができたし、
雄の恋人だった初子にも店を持たせることができました。
たのくらの全盛期を見ることができて、
おしんにはもはや、心残りはありません。

 

道子の求めに応じて、仁は道子と離婚することになりました。
道子のつらそうな顔を見るのもいやだし、
仁ひとりのほうがかえって動きやすいということもあります。
そして何よりも、支払えるうちに慰謝料を支払って
道子やあかね、みどりが苦労せずにすむようにしてあげたいという気持ちも大きいのです。

旅行から帰ってきてからというもの、
道子やあかね、みどりと会話することがなくなっていたおしんは、
仁と道子が離婚することを圭から初めて聞かされます。

丸裸にならなければならない今こそ、家族の絆が大切ではないのか、と
おしんは仁を諭します。
「贅沢な暮らしをしているときは家族はあってもなくてもいい、
これからが家族にとって大事な時なんだよ」

這いつくばってでも道子を引き留めろ、と
おしんは仁を見据えます。

 

続きを読む "連続テレビ小説おしん・完結篇(292)~(297) [終]"

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(47)時間よ止まれ[終] ~雲一つない青空! 1964年大会開幕! 五輪物語が今夜完結~

1964(昭和39)年10月10日。

まーちゃんこと田畑政治は、
観客入場前の国立競技場にひとり立ち、
これまでの思いに浸っています。

前日までは、東京地方は雨と予報されていましたが、
みんなの希望がかなったのか、
雨も上がってうそのような晴れです。

「ばっ!」
そこに現れたのは、金栗四三です。
眠れなくて。おるもです! と言い合い、
照れ隠しに笑います。

大雨の予報で中止と決め込んでいた
航空自衛隊入間基地のブルーインパルス隊員たちは、
窓から差し込む朝日に、本番に向けて気合の入れ直し。

四三は、ベルリンから届けられた嘉納治五郎からのエアメールをまーちゃんに渡します。
『ついに念願は叶った。昭和15年、東京でオリンピックを開催する運びとなった──』
「田畑! 持って帰るぞオリンピックを。東京に!」
治五郎の興奮した声が、まーちゃんの脳裏にこだまします。

『君は今、熊本で切磋琢磨の日々だろうが、
是非とも上京して力を貸してくれ。
開会式の聖火ランナーを君に頼みたい』
まーちゃんは、へえー、と短い返事です。

しかし四三は、治五郎とのその約束だけをただひたすらに信じて
高齢になった今でも、いつでもその依頼を受けてもいいように
準備を怠りなく進めていたのですが、
結果的には四三は聖火ランナーには選ばれませんでした。

 

開会式まで、あと5時間。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(47)時間よ止まれ[終] ~雲一つない青空! 1964年大会開幕! 五輪物語が今夜完結~"

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

連続テレビ小説おしん・完結篇(286)~(291)

仁が出店するスーパーたのくらの17号店が
浩太の並木食料品店のある商店街に建つ計画を知ったおしんは
浩太が田倉にとって大恩ある人物であることを説明しますが、


感情と商売は別、情におぼれていては
商売はやっていけない、とおしんの懇願を突っぱねます。
「道子の耳には入れないでほしいな。母さんみっともないよ」


翌朝、記者を集めて大々的に発表し、
地方紙では扱わない新聞社がないほどでした。
仁は満足げでしたが、ふと見せる複雑な表情が不安を誘います。


 


翌朝、おしんは朝食も取らずに浩太を訪ねます。


なんと詫びたらいいか分からないおしんですが、
スーパーたのくらも次の代に移っているし、
並木食料品店も子供に譲っているので、
次の世代のことは感知するものではない、と言ってくれます。


しかしその日以降、おしんは
新しい店のことには口を挟まず
部屋に閉じこもりっぱなしの暮らしが続いていました。


 

続きを読む "連続テレビ小説おしん・完結篇(286)~(291)"

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

vol.286・お寿司屋へGo!

vol.286・お寿司屋へGo! (パーソナリティ:Kassy)


 


第286回放送です。


どうしても敷居の高いイメージのお店……寿司屋。
今回は、回転寿司屋だけでは分からない、回らないお寿司屋さんの
マナーや作法について勉強してみました。


 


今回のListening Pointは……


マイマナー


 


番組に関するご意見・ご感想は、
この記事のコメント欄へお願いいたします。

| | コメント (0)

2019年12月11日 (水)

『おしん』脱稿

1年かけてつづってきました『おしん』全297話、
ようやく書き上げて脱稿の運びとなりました。


ただでさえ“朝ドラ”の視聴録、それも通常の2倍分の年間放送、
しかも長ゼリフで有名な橋田壽賀子先生作品ということで、
書き始めるころはどうなることかと恐る恐るでしたが、
ついに書き上げたことで、達成感に満たされております。


日ごろはテレビを見ないワタクシでございますので、
BSプレミアムで再放送されていることを後で知り
記事を読んでくださっている方がいることが励みになりました。
放送より3ヶ月分先行していたので、ネタバレの危険もあるのですが(笑)。


あとはタイミングよろしく、
『おしん』のドキュメンタリー番組も今年放送されたそうなので、
それも調子に乗って文字に書き起こしちゃいました。


『おしん』最終週は12月20日公開、
そしてそのドキュメント番組は前編後編に分けて
12月23日に前編、27日に後編を公開する予定です。
もしよろしかったらそちらもどうぞご覧ください。


 


さて、来年の大河ドラマ視聴録は、
本放送の『麒麟がくる』(主人公・明智光秀)に合わせて
平成4年放送の『信長』(緒形直人さん主演)と
昭和64年~平成元年放送の『春日局』(大原麗子さん主演)の2作品をつづります。


昨年の、プレイバック『いのち』に続き、
今年の、プレイバック『おしん』、
来年の、プレイバック『春日局』と、橋田作品が3年連続となりますが、
まぁ先のことは考えずに目の前の作品をこなしていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(46)炎のランナー ~聖火最終ランナーは誰? 平和への祈り~

1964・オリンピックイヤーです。
東京は、上を下への大騒ぎ。
新幹線も首都高速も完成していないのです。
果たして間に合うのか? どうなる東京オリンピック?

開会式まで9ヶ月・1月20日。
拍手と歓声に迎えられて出てきたのは、
記録映画監督を降板した黒澤 明の代わりとして担当することになった
市川 崑 監督です。

3月20日には、円谷幸吉選手が2時間23分31秒の好記録をマーク。

4月10日、オリンピックポスター第4弾が完成。
まーちゃんこと田畑政治が組織委員会を去って1年半のころです。

岩田幸彰は、そんなまーちゃんに
聖火リレーの最終ランナー候補者を紹介します。
坂井義則、19歳。早稲田大学。1945年8月6日生まれ。
平和の祭典として、原爆投下の日に生まれた彼は適任だとまーちゃんは頷きます。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(46)炎のランナー ~聖火最終ランナーは誰? 平和への祈り~"

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

連続テレビ小説おしん・完結篇(280)~(285)

おしんの心配をよそに、
強引な手法で支店を次々と増やしていく仁のやり方は
高度経済成長の余波に乗って順調に推移し、
スーパーたのくらは、急速な伸びを見せていました。


昭和43(1968)年の秋には6号店をオープンさせ、
何もかも順調に進んでいるように見えた田倉家でしたが、
思いがけないところに田倉家高度成長のひずみが出始めていました。


どうやら、仁の長男・剛が警察沙汰を起こしたそうなのです。
保護者が迎えに来れば帰すということでしたので
道子が迎えに行き、引き取ってきたのですが、
おしんには、仁と道子の家庭内不和を心配しています。


仁の説明では、パチンコで大金をすってしまったらしく
名古屋の繁華街を歩き回っているところを
警察に補導されたということです。


仁は道子や剛たちに何不自由ない生活をさせているから
父親の役目を立派に果たしていると主張するし、
道子はいまだに仁と百合の関係を裏切りだと根に持っていて
その味方として剛を私物化しているきらいがあります。


剛は、家に帰れば仁と道子の夫婦喧嘩を見ることになるし
道子からのプレッシャーもあり、
むしゃくしゃして自分から友達を誘ってやったことだと言い出します。


おしんは、仁にも道子にも言いたいことを言えずに帰ってきますが
仁は女遊び、道子は寂しさのはけ口に剛を捕まえるという
夫婦ともに愚の骨頂だ、とあきれているのも事実です。
おしんの立場としては、何も言えないのが今の時代なのかもしれません。


 


仁と道子がよくよく話し合った結果、子供たちの教育のためにも
おしんと同居することにしたのですが、
もう高齢だからそれがいい、という周囲の賛成をよそに、
まっぴらだ、とおしんは断ります。


 

続きを読む "連続テレビ小説おしん・完結篇(280)~(285)"

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(45)火の鳥 ~東洋の魔女に危機! メダルどうなる~

「なぜ俺が辞めなきゃならんのだ?
俺が辞めたらオリンピックはどうなるんだよ!!」
複数の職員に腕をつかまれ、強制的に退出させられるまーちゃんこと田畑政治。
東京オリンピックを2年後に控え、事務総長の職を追われます。

そんなまーちゃんのもとに、忘れものですよ、と
岩田幸彰や松澤一鶴たちが東京オリンピックの会場模型を手に
慰めに家にやって来ました。

もうオリンピックには関わらん、としょげているまーちゃんに
岩田までも、辞める意向を示します。
しかしまーちゃんは、自分が敷いたレールを走ってほしいし
自分が蒔いた種を、岩田に刈り取ってほしい、と引き留めます。

岩田は、嘉納治五郎の形見である懐中時計を預かり、岩田家を後にしますが
菊枝とあつ子は、ふさぎこんでいる父を見ていられず、
また遊びに来て話相手になってほしいと頭を下げます。

まーちゃんが組織委員会を正式に去る日がやってきました。
そして、オリンピックから身を引いた男がもうひとり。
オリンピックの記録映画の監督だった黒澤 明です。
「田畑さんのいないオリンピックに情熱を失いましたので」

まーちゃんの後任として事務総長に就任したのは、
与謝野晶子の次男で外交官の与謝野 秀です。
オリンピックを一つの足掛かりとして経済大国へと駆け上がる日本。
川島正次郎はその道筋を整え、政治の世界へ戻っていきました。

続きを読む "大河ドラマいだてん 東京オリムピック噺・(45)火の鳥 ~東洋の魔女に危機! メダルどうなる~"

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »