« プレイバック信長・(06)大名への第一歩 | トップページ | プレイバック信長・(07)目には目を »

2020年1月26日 (日)

大河ドラマ麒麟がくる・(02)道三の罠(わな) ~斎藤道三と織田信秀の死闘!~

天文16(1547)年の秋、尾張の織田信秀は
2万あまりの兵を率いて美濃との国境に陣を敷きます。
京から名医・望月東庵と弟子の駒を連れて美濃に戻ってきた明智光秀は
戦の構えを見て稲葉山城への道のりを急ぎます。

戦支度でどたばたの稲葉山城で、光秀は叔父の光安と再会。
織田方2万余に対して斎藤方4,000しか揃わず、
斎藤利政はかなりご機嫌斜めです。
みな自分の領地を守るのが精いっぱいで、兵を出し渋っているのです。

光秀は利政と対面し、東庵はすでに小見の方の寝所に入って
診察を始めていること、鉄砲は堺の町で1丁調達できたことを報告します。
しかし光秀の旅の料金については、利政は半分返すように迫ります。
「ハッハッハッ。返す当てがなければ戦で返せ。侍大将の首を2つ取れ」

2つも!? とぶつくさ文句を言っていた光秀は、
小見の方の寝所前で帰蝶に礼を言われます。
そこに注進が入り、織田の軍勢が木曽川を渡って城下に迫ってきたと報告があがります。
「十兵衛、参ります」「武運を祈る」

 

木曽川の織田軍では、織田信秀が黙って
軍配を振り下ろし、静かに戦が始まります。
大木で何度も何度も木戸にぶつかり、破ろうとします。
その木戸もいずれは破られ、織田軍が乱入──。

光秀は懸命に戦いますが、斬っても斬っても敵はなだれ込んできます。
それでも、利政に言われたノルマ──侍大将の首2つ──を取るべく前進します。
しかし茜部口が破られ、田代(でんだい)城、小熊城が落城した今、
利政は兵を城に戻し、籠城することにします。

ただ、この撤退&籠城は、ノルマがある光秀のみならず
稲葉良通ら武将たちにとっても大いに不服だったらしく、
その不満はすべて、息子の高政に集中します。
ただ高政は側室の子であるため、父に進言したところでたかが知れています。

対する信秀は、斎藤軍が城内で飯を食いだし、
酒もふるまわれていると聞き、しばらく戦はないと判断。
山城ゆえ攻めれば攻めるほど味方の損失が大きくなるおそれがあるため、
こちらも飯の時間をとることにしました。

「籠城はここまでじゃ! 全軍を集めよ! 門を開け!」
利政の号令がかかります。
ふるまった酒は酒ではなく水であり、
織田方の乱波(スパイ)をだますために演技をしていたのです。

斎藤方の反撃が始まりました。

すっかり急速モードに入っていた織田方は、突然の来襲に
慌てふためく者あり、槍を手にしても使い物にならず倒れる者あり、
なすすべもなく総崩れとなっていきます。
しまった……、と信秀はつぶやくも、手の施しようがありません。

光秀は、転げまわる織田方の侍大将を捕まえますが、
その顔が叔父の光安に似ていて、
首を落とすのを一瞬ためらいます。
緊張のあまり、息遣いの荒い光秀です。

 

戦勝を祝う民衆たちの中を、光秀たちが帰ってきます。
そこには、腕に傷を負った光安が笑いながら手招きしています。
光秀は、先ほどの侍大将が光安に似ていたなどとは
口が裂けても言えないわけですが、胸中は複雑です。

「これが武士の本懐か、武士の誉れか」
「勝たなければ自分が討たれる。戦がある限り」
そのはざまで、光秀は苦しんでいますが、
東庵は、それでよいではないですか、とにっこり笑います。

その夜 利政は、守護斯波頼純と対面し、戦勝の報告をします。
しかし利政は、ある事情をつかんでいました。
「織田信秀と取り引きなさいましたな」
利政を打ち負かしたその時には、相当な領地を与える、と。

始めこそすっとぼけていた頼純でしたが、次第に本音が出てきます。
叔父・頼芸をそそのかし、父・頼武を守護の座から引きずり下ろす。
「この成り上がり者!」と頼純は証拠となった
織田信康への手紙を投げつけますが、利政には全く効きません。

利政は頼純に茶を点て、じっくりと話し合いたいと申し出ます。
その茶を飲んだ頼純は、たちまち苦しみだし、死んでしまいます。


作:池端 俊策
脚本協力:岩本 真耶
音楽:ジョン・グラム
語り:市川 海老蔵
題字:中塚 翠涛
──────────
[出演]
長谷川 博己 (明智十兵衛光秀)
門脇 麦 (駒)
西村 まさ彦 (明智光安)
──────────
川口 春奈 (帰蝶)
伊藤 英明 (斎藤高政(義龍))
──────────
高橋 克典 (織田信秀)
堺 正章 (望月東庵)
本木 雅弘 (斎藤利政(道三))
──────────
制作統括:落合 将・藤並 英樹
プロデューサー:中野 亮平
演出:大原 拓

◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』
第3回「美濃の国」

|

« プレイバック信長・(06)大名への第一歩 | トップページ | プレイバック信長・(07)目には目を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック信長・(06)大名への第一歩 | トップページ | プレイバック信長・(07)目には目を »