« プレイバック信長・(12)尾張統一 | トップページ | プレイバック信長・(13)桶狭間の戦い(前) »

2020年2月16日 (日)

大河ドラマ麒麟がくる・(05)伊平次を探せ ~光秀再び京へ~

天文17(1548)年・秋。

明智光秀は、今まで練習を積んできた鉄砲について斎藤利政に披露します。
実際に遠くにある甕を打ち割って、当たった! と大喜びする利政です。

しかし実戦で使えるかというと手間がかかりすぎるし、玉薬は美濃では手に入らないため、
光秀は、将軍足利義輝が鉄砲を集めているというのは考えにくいと説明します。
ただ、威力で考えれば弓矢では及ばないほどの殺傷能力があるので、
光秀は鉄砲を分解して、もっと早く鉄砲を撃てるようにできないかと思案します。

家臣の藤田伝吾は、伊平次という腕は確かながら酒癖の悪い男が
美濃の刀鍛冶屋では長続きせず、近江の国友村に流れていったという
うわさ話を光秀の耳に入れます。
「京のある筋から頼まれ、鉄砲を修理しているとか」

近江国・国友村に入った光秀は、紹介状を持って鉄砲鍛冶と対面しますが、
鉄砲に関することは一切口外無用との将軍家からのご沙汰があり、何も情報は得られません。
切り札と思って伊平次の名を出しますが、ご容赦を、というだけで
光秀にとっては何の収穫もありませんでした。

仕方なく帰ろうとすると、鉄砲鍛冶のひとりが
伊平次の居場所を教えますと言ってきました。
伊平次は今、その腕を買われて京の本能寺で養われているらしいです。
求められるがまま、情報量として銭を掴ませたのは言うまでもありません(笑)。

利政の許可を得て、光秀はさっそく京に向かいます。

 

京は、度重なる戦乱で街を焼かれ、公家や僧侶、将軍までも逃げ出す有り様でした。
近江にいた将軍足利義輝を京に戻したのは細川晴元という有力大名ですが、
その晴元も、家臣たちの内部抗争に手を焼いていました。

強大な軍事力を持った三好長慶、その長慶を支える松永久秀は、
すでに晴元を脅かす存在になり、晴元の足元も盤石ではなかったのです。
将軍が帰還した都は、もろく不安定な勢力に支えられていたのです。

たどり着いた本能寺は将軍義輝が中にいるとかで、厳重な警護で囲まれていました。
細川藤孝は、光秀の背中に鉄砲があるのを目ざとく見つけ、
その鉄砲は盗んだか、だれかを狙撃するかといちゃもんをつけ、
その鉄砲を渡せと要求します。

そんな理不尽は断ると光秀は引き下がりますが、藤孝は帰させません。
光秀と藤孝は刀を交えるのですが、両者を止めたのは将軍義輝でした。
「わが師の太刀筋とよう似ておる。藤孝、仲間同士の斬り合いはやめておけ」

声をかけられてふり返ると、初めての京で会ったことがある三淵藤英が立っていました。
先ほど刀を交えた細川藤孝の兄だそうで、
将軍に仕える身ゆえに気が立っているのです、と代わって釈明されます。

光秀は、本能寺にいるはずの伊平次について藤英に尋ねますが
先月までは確かにいたが、今は行方知れず、とのこと。
なんでも藤英も探し続けているらしいのですが、見つからず。
仕方ないので、光秀は藤英に連れられて、松永久秀の陣所に向かいます。

藤英と久秀は仲のいい間柄なのかと思いきや、前年までは敵対していたそうで、
今こそ仲良く手をつないでおりますが、それがいつ戦になるかは分かりません。
将軍義輝と晴元の戦は、もはや時間の問題なのかもしれません。

光秀が横にいる関係もあり、詳しい話は改めてと藤英は帰って行きますが、
残った光秀は久秀に、将軍家が鉄砲を多く作らせている本心が分からないともらします。
久秀は、鉄砲は銃口を相手に向ければ相手の動きを封じ込めることができ、
鉄砲の怖さを知っていればこそ、うかつに攻め込むことはできないと教えてくれました。

「そうだ、伊平次に会いに行こうではないか」
久秀は、三淵には内緒で伊平次の居場所を突き止めていたのです。

 

ずかずかと遊女屋へ足を踏み入れる久秀にうながされるまま
光秀はとぼとぼとついていきます。
遊女屋の2階にいることを突き止めた久秀は、“こと”の最中である伊平次の部屋に上がり込み、
銭をドンと置いて、鉄砲を作ってくれと頭を下げるのです。

伊平次は、何もかも面倒になって鉄砲づくりをやめたのだそうです。
久秀が20丁作れと言えば、晴元が30丁作れと言う。
そうすれば将軍家は50丁作れと言い出し、
きりがないのです。

「伊平次…むかし伝吾の家の裏庭の井戸に落ちた伊平次だな!」
光秀は、どこか聞き覚えのある伊平次という名前と、
少年期によく遊んだ幼馴染の伊平次の
点と点が線でつながって、たちまち懐かしみます。

伊平次は、久秀が世話してくれた鉄砲を組み分け(分解)してもらいたいという
光秀の申し出を快諾し、久秀はそっちのけで
近くの寺に光秀を連れていきます。
一方で久秀は、光秀経由で鉄砲20丁を作るように万事を任せます。

尾張から美濃に戻っていた望月東庵は、駒とともに京に戻っていました。
ちょうど、伊平次と光秀が歩いているところを目撃したのですが、
確か光秀は近江に行くと言っていたし、人違い…と思うことにします。
「いらっしゃるわけないものね。ああ…つまらない」


作:池端 俊策
脚本協力:岩本 真耶
音楽:ジョン・グラム
語り:市川 海老蔵
題字:中塚 翠涛
──────────
[出演]
長谷川 博己 (明智十兵衛光秀)
門脇 麦 (駒)
岡村 隆史 (菊丸)
石川 さゆり (牧)
谷原 章介 (三淵藤英)
向井 理 (足利義輝)
眞島 秀和 (細川藤孝)
徳重 聡 (藤田伝吾)
山路 和弘 (三好長慶)
国広 富之 (細川晴元)
──────────
吉田 剛太郎 (松永久秀)
堺 正章 (望月東庵)
本木 雅弘 (斎藤利政(道三))
──────────
制作統括:落合 将
プロデューサー:関 友太郎
演出:藤並 英樹

◆◇◆◇ 番組情報 ◇◆◇◆

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』
第6回「三好長慶襲撃計画」

|

« プレイバック信長・(12)尾張統一 | トップページ | プレイバック信長・(13)桶狭間の戦い(前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック信長・(12)尾張統一 | トップページ | プレイバック信長・(13)桶狭間の戦い(前) »