« 大河ドラマ麒麟がくる・(07)帰蝶の願い ~帰蝶に信長との結婚話が~ | トップページ | プレイバック信長・(18)和平同盟 »

2020年3月 3日 (火)

プレイバック信長・(17)妖怪のクリスマス

【アバンタイトル】

「吉利支丹」「伴天連」という言葉があるが、
キリシタンもバテレンもポルトガル語がなまったものである。
本来キリシタンはクリスタオ、バテレンはパードレという別々の名詞で、
それぞれ「キリスト教徒」「神父」という意味である。

多分、信者たちが「パードレ、パードレ」と呼ぶのを聞いて、
当時の人々がその耳慣れない言葉を
バテレンと発音するようになったのではないだろうか。

最初、九州に宣教師が上陸したころ、周辺の大名たちは
南蛮船の持ってくる品々が大いに商売につながるとして、
領民にキリシタンになるように命じた。
宣教師も布教許可を貿易の条件としていた。

だが、宣教師たちの目的は九州地方だけでなく、
日本全国への布教であったがために、
やがて日本の歴史の中に巻き込まれることになるのである。
キリシタン・バテレンの歴史は、信長の中央進出と深くかかわっているのである──。

永禄3(1560)年6月、「桶狭間の戦い」から1ヶ月、
織田信長は休む間もなく木曽川を渡って美濃国に攻め入ります。
相手は、斎藤道三から美濃一国を奪った子の斎藤義龍です。
しかし美濃勢は強く、簡単に征服することはできませんでした。

斎藤方の武将引き抜きの工作は行っておりますが、
信長は、この数日で織田方に運気を引き寄せたいと考え、
池田恒興の祝言を急がせます。

 

清洲城に戻った信長ですが、帰蝶の出迎えがありません。
帰蝶やしのは、監禁状態である母のるいの部屋で
少しでも気晴らしに、と信長の愚痴ばかりを言ってばかりいるのです。

そもそもるいがなぜ監禁されているのかも分かりませんし、
仮に大罪を犯したとしても、その罪が不明であれば
子どもたちや家臣たちにも説明がつかないというわけです。
帰蝶もしのも、説明を聞くまでは微動だにしません。

 

一方で、隠居の身である祖父・織田信定が久々にやって来て
信長の成長した姿に目を細めますが、それはそれとして
加納随天の話を持ち出した時、信長は申し訳なさそうに
随天を斬り捨て命を奪ったことを告白します。

「残念だが生きておる。運よく生きておると申した方がよいかもしれぬ」
そんなはずはない、と信長の表情は険しくなりますが、
信定は、二度と随天に手出ししてはならないとやんわりと忠告します。
随天を殺せば、信長の命運もまた尽きる、と。

日ごろから信長は、廊下の汚れや桟のほこりなどを目ざとく見つけては
「廊下が汚れておるぞ!」「綺麗にせよ!」と号令をかけることもしばしばです。

廊下を歩いていると、藤吉郎が拭き掃除をしていました。
拭き掃除は足軽小頭である藤吉郎の役目ではないと信長は指摘しますが、
お目通りするには早道なので、としゃあしゃあと言ってのけます。

藤吉郎がお目通りしたかったのは、まつが毎夜毎夜城を出て
包帯を体中に巻いた妖怪のもとに通っているという話でした。
恐らくは、るいがまつを随天のもとに派遣して手当てさせているのでしょう。
となると、随天が生きているのは本当のようです。

信長が恒興に事情を探らせたところによると、まつが信長の叔父・織田信次に頼み
その話が信定に伝わって今回のことが明るみになったのですが、
信定の命により、清洲城下に移送してそこで介抱することになりました。

 

ヴィレラ神父一行は、京都内で6回も引っ越しをした後に一軒家を買い
布教許可に関する将軍の許可状も得て、本格的に布教を始めます。
そして12月25日、日本で初めて、クリスマスのミサを行います。

 

三河の松平元康から、和睦を求める書状が届きます。


原作・脚本:田向 正健
音楽:毛利 蔵人
題字:渡辺 裕英
語り:ランシュー・クリストフ
──────────
[出演]
緒形 直人 (織田信長)
菊池 桃子 (帰蝶)
高橋 惠子 (るい)
的場 浩司 (池田恒興)
──────────
高木 美保 (しの)
テリー・オブライエン (ヴィレラ)
稲川 淳二 (ロレンソ)
──────────
仲村 トオル (藤吉郎)
船越 英二 (織田信定)
平 幹二朗 (加納随天)
──────────
制作:八木 雅次
制作著作:NHK
共同制作:NHKエンタープライズ
制作統括:渡辺 紘史
制作協力:NHKアート
    :NHKテクニカルサービス
演出:小松 隆

|

« 大河ドラマ麒麟がくる・(07)帰蝶の願い ~帰蝶に信長との結婚話が~ | トップページ | プレイバック信長・(18)和平同盟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大河ドラマ麒麟がくる・(07)帰蝶の願い ~帰蝶に信長との結婚話が~ | トップページ | プレイバック信長・(18)和平同盟 »