« プレイバック信長・(48)キング オブ ジパング | トップページ | プレイバック信長・(49)本能寺の変 [終] »

2020年6月21日 (日)

「麒麟がくる」までお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル「国盗り物語」

新型コロナウイルスの影響により、4月1日(水)より休止している
大河ドラマ「麒麟がくる」の収録は、6月30日(火)より再開となりました。
収録にあたっては、「感染防止のための制作マニュアル」に基づいて行います。

放送については、6月7日(日)の<第21回>放送分をもって番組を一時休止し、
収録再開の状況を見極めながら放送再開時期について検討し、
決まり次第お知らせいたします。

<収録の再開と放送の一時休止について> 長谷川博己さん(明智光秀役)からのメッセージ
21回の放送終了からしばらく休止いたします。
楽しみにしていただいている方々がたくさんいらっしゃることは、
何気ない日常の中、お声掛けいただいたり、ひしひしと感じています。
この流れを一度止めてしまうのは誠に心苦しいのですが、ご存知のように
撮影も休止中で撮り溜めたものがない状況となっています。
ただ、撮影再開の目処は立っており、その日に向かいスタッフ・キャスト一同、
安全面を十分考慮した上で準備しております。
全44回、何とか放送していきたいと思っておりますので、今後の「麒麟がくる」明智光秀の
ミステリーの顛末を、楽しみに、どうか大らかなお気持ちでお待ちいただければと思います。
皆様の健康とともに、麒麟がくる日を願って。

「麒麟がくる」がしばしお休みをいただいている間、関連番組として
過去に人気を博した「戦国大河ドラマ」の名場面集をお送りします。
これまで放送した戦国大河の中から、光秀を深く描いた作品や人気の作品を選出。
手に汗握るシーンや感動の名場面を紹介しつつ、
当時の出演者がドラマの舞台裏を語ります。

 

2本目は──

昭和48(1973)年放送の「国盗り物語」は歴史作家・司馬遼太郎さんの原作で、前半は
稀代の女ったらしとして描かれた“美濃の蝮”こと斎藤道三の成り上がり人生を
3年ぶり2度目の大河主演となる39歳の平 幹二朗さんが演じています。
道三の側室だった深芳野役の三田佳子さんが、道三の魅力を語ってくれました。

物語後半は、道三から志を引き継いだ二人の武将にスポットを当て、
織田信長を演じた高橋 英樹さん、明智光秀を演じた近藤正臣さんが、
緊迫したふたりのやりとり、激突、そして本能寺の変など、「麒麟」にもつながる
名シーンとともに、今だから語れる撮影秘話トークも必見です。

戦国大河ドラマが大好きなゲストとともに、名場面を振り返ります。

МC:高橋 英樹 さん(俳優・織田信長役)
   川島 明 さん(お笑い芸人「麒麟」)
ゲスト:近藤 正臣 さん(俳優・明智光秀役)
    松村 邦洋 さん(お笑い芸人)
ビデオ出演:三田 佳子 さん (俳優・深芳野役)

「国盗り物語」の作品概要についてはコチラ

|

« プレイバック信長・(48)キング オブ ジパング | トップページ | プレイバック信長・(49)本能寺の変 [終] »

コメント

初めまして、鷲谷と申します。

『麒麟がくるまでお待ちください』についての記事を書かせていただいたのですが、その際にkassyさんの記事が気になりました。

題名に書いてある「ごはんが食べられないと、おなかがすくじゃないか」は『究極超人あ~る』ですよね?
(違ったらごめんなさい)

意外なところで目にしてびっくりしました。

大河はとりあえず復活の目処が立ってよかったです!

誠に勝手ながら、自ブログにkassyさんの記事のリンクを貼らせていただいたので、ぜひ遊びにいらしてください!

──────────

鷲谷壮介さん! 初めまして。
Kassyです。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ拝見しました。
作品の掘り下げ方が秀逸で、ついつい深く読み込んでしまいますね。
私、「どう料理るか」…同じところに引っかかってました。
やっぱり言い回しがちと特殊ですよね。

あとは、斎藤義龍に実父が土岐頼芸であるとバレ、
実母御芳野の部屋から出ていくシーンで
感情に任せて障子をバン! と閉めるところがあるのですが、
よーくみると、左手の指と右手の指が障子に挟まっているんですよね。
若かりし若林 豪さん、痛かっただろうなあ…と同情申し上げたり(笑)。

面白いですから総集編をいつか見てみてください。
ごく一部のレンタルビデオ屋さんでDVDが置いてあったり
NHKオンデマンドでも前編後編見ることができますよ。

あと、お尋ねの「ごはんを~」のくだりですが、
おっしゃるとおり、あ~るくんのセリフです。
特にファンでもないのですが、このセリフにぐっときまして
サブタイトルの欄に載せさせていただいております。

当ブログでは現在放送中の『麒麟がくる』をはじめ、
過去の大河ドラマの視聴録という形であらすじと出演者を記録しています。
現在は明智光秀関連ということで、過去の大河ドラマを視聴しなおす
プレイバックシリーズで『信長 -KING OF ZIPANGU-』をつづっています。

くわしくはカテゴリーから見ていただくと分かりやすいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: ★鷲谷 壮介 | 2020年8月 5日 (水) 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック信長・(48)キング オブ ジパング | トップページ | プレイバック信長・(49)本能寺の変 [終] »