« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月30日 (日)

大河ドラマ麒麟がくる・(22)京よりの使者 ~いよいよ放送再開!~

「桶狭間の戦い」から四年後──。

永禄7(1564)年・冬、越前では、明智光秀が書物を読み漁っています。
台所では熙子と牧が夕餉の支度の最中で、その横では
光秀と熙子の間に生まれた4歳のお岸が、母親の手伝いを頑張っています。
そして、生まれたばかりのたまが泣き声をあげて何かを訴えています。

このころの京都は平穏な時を迎えていました。
三好長慶が京や畿内の実権を完全に掌握していたからです。
長慶の配下である松永久秀は大和国を任され、三好一族の支配体制は盤石。
時の将軍・足利義輝は、長慶の完全な傀儡(かいらい)となっていました。

この年は60年に一度の「甲子(きのえね)」でありまして、はるか昔から
必ず改元が行われてきたという曰く付きの年なのですが、
それにも関わらず義輝が改元の申し出をしないことを、
関白・近衛前久はとても疑問に感じています。

天皇への改元の申し出は将軍の務めであり、それをしないのは前代未聞だと、
「将軍の名に傷がつくぞ」と義輝に催促をするわけですが、
義輝は、将軍など名ばかりで、将軍の家臣である長慶に娘を人質に出すほど
自分は落ちぶれてしまっていると自嘲します。

そもそも義輝は天皇を信用していないのですが、そのきっかけは
義輝が朽木に避難していたころ、天皇は将軍への断りもなく
勝手に「弘治」から「永禄」へ改元してしまったわけで、
それを後から知った義輝は屈辱的で、とても悔しかったわけです。

「帝が何ほどのものですか。私は改元など知りませぬ!」
怒りに任せて、義輝は関白との対面の座を蹴って出ていきます。

続きを読む "大河ドラマ麒麟がくる・(22)京よりの使者 ~いよいよ放送再開!~"

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

「麒麟がくる」まであと1週! 総集編・第三集「誇り高く」 ~長良川、桶狭間の壮絶な合戦!~

第21回までの前半部を、3回にわけて総集編に。第3集の「誇り高く」は第16回から第21回までを再編集。道三と高政の親子対決「長良川の戦い」織田信長VS今川義元の「桶狭間の戦い」と合戦祭り!光秀が縦横無尽に走ります!

大河ドラマ麒麟がくる・(16)大きな国 ~ついに道三親子 全面戦争に!~
高政(伊藤英明)を討つべく出陣する道三(本木雅弘)。国を二分する戦に、明智家はどちらにつくべきか光安(西村まさ彦)は思い悩む。一方、光秀(長谷川博己)は戦を回避すべく、尾張の信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)の元へ向かった。道三に肩入れして戦に手出しをしないこと、その代わりに織田との同盟を破棄せんとする高政を一命をかけて押しとどめると訴える光秀。しかし弟・孫四郎(長谷川 純)に手を貸さず死に追いやったとして光秀に対する不信感が拭えない帰蝶は、光秀を厳しく突き放す。

続きを読む "「麒麟がくる」まであと1週! 総集編・第三集「誇り高く」 ~長良川、桶狭間の壮絶な合戦!~"

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

「麒麟がくる」まであと2週! 総集編・第二集「動乱」 ~ついに光秀と信長が出会う~

第21回までの前半部を、3回にわけて総集編に。第2集の「動乱」は第9回から第15回までを再編集。尾張へ嫁入りした帰蝶をめぐり、光秀と信長との出会い、それによる美濃と尾張の同盟をめぐり、駿河の最強大名・今川義元とのパワーゲームが展開。歴史の大きなうねりの中を光秀が奔ります。

大河ドラマ麒麟がくる・(09)信長の失敗 ~いよいよ信長 本格登場!~輿(こし)入れしたものの祝言をすっぽかされた帰蝶(川口春奈)は、ようやく翌朝帰ってきた信長(染谷将太)と顔を合わせる。奇妙な出で立ちだが、領民のことを思いやる姿、そして素直に前日の不在をわびる信長に興味をもつ。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)と土田御前(檀 れい)だが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。父にも母にも愛されない孤独な信長の姿を見た帰蝶は、鉄砲の手ほどきを受けながら自分も父がときどき大嫌いになる以外は好きだと言い、信長に寄り添う。一方、美濃の光秀(長谷川博己)はのちの正妻となる熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たしていた。

続きを読む "「麒麟がくる」まであと2週! 総集編・第二集「動乱」 ~ついに光秀と信長が出会う~"

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

プレイバック春日局・(13)戦後の家族

東西両軍、合わせて15万人の兵士が入り乱れた
「関ヶ原の合戦」は、文字通り“天下分け目”の戦でした。

家康は、敗走した西軍の主力、石田三成、小西行長らに対し
いつになく厳しい残党狩りを命じました。
この時、関ヶ原に埋められた兵士の数は、
4,000とも5,000とも言われています。

家康にとって、合戦後 最も重要な問題は
西軍方の大名に対する処置でした。
特に会津120万石の上杉景勝、
西軍の大将・毛利輝元に対しては慎重でした。

家康は、まず西軍の88大名を取り潰し、その上で
毛利・上杉の大幅な領土没収を決行したのです。
 毛利輝元 120万石→[37万石]
 上杉景勝 120万石→[30万石]

家康は、没収した630万石を東軍の大名に恩賞として与え
自らも日本最大の領国を手に入れました。
 徳川家康 250万石→[400万石]

徳川家康、まさにこの時
天下人としての実験を握ったのです──。

続きを読む "プレイバック春日局・(13)戦後の家族"

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

プレイバック春日局・(12)天下分け目

「慶長5年9月14日 西軍 関ヶ原へ」

西軍、発つ──。
徳川家康にとって、この知らせは待ちに待ったものでした。

上杉討伐のため会津に向けて出兵した家康は、
西軍蜂起の知らせを聞くや否や、豊臣恩顧の諸大名を
東軍に与させようとさまざまな工作を行い、
東海道を西へ向かったのです。

家康は、自分の根回しは万全なものと思っていました。
特に西軍の大将・毛利輝元、
そしてその一族の小早川秀秋、吉川広家は、
合戦の時には家康に味方すると誓約していました。

家康の最も頼りとする小早川軍は
関ヶ原を見下ろす松尾山に陣取り、
そして西軍最大の部隊、毛利吉川軍は
家康の通り道を確保しているはずでした。

西軍は、鶴翼の陣を構え進んでくる東軍を
包囲しようとしていました。
家康は、自らの政治生命をかけて、
この西軍の包囲網の中に乗り込んでいったのです──。

続きを読む "プレイバック春日局・(12)天下分け目"

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

「麒麟がくる」まであと3週! 総集編・第一集「旅立ち」

第21回までの前半部を、3回にわけて総集編に。第1集の「旅立ち」は第1回から第8回までを再編集。若き光秀が斎藤道三の導きで広い世界に旅立つ過程を描きます。

[新] (01)光秀、西へ ~若き明智光秀の旅がいま、始まる~
領地を荒らす野盗を撃退した際、明智光秀(長谷川博己)は、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出る。堺ではひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られる。次に向かった京では、名医と名高い望月東庵(堺 正章)と出会うが、大のばくち好きで、本当に名医なのかヤブ医者なのかわからない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になる。

続きを読む "「麒麟がくる」まであと3週! 総集編・第一集「旅立ち」"

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

プレイバック春日局・(11)関ヶ原前夜

広島県三原市。
戦国時代、ここは瀬戸内海の交通の中心であり
中国地方を抑える毛利一族の重要な拠点でした。

小早川隆景。 「三本の矢」で知られる毛利三兄弟のひとりが、三原城の主でした。
水軍を操り、莫大な富を手に入れ
毛利一族の全盛時代を築き上げるのに大きな力を発揮しました。

しかし世は戦国。
毛利一族にも着々と戦の波が迫ってきました。

中でも織田勢との戦は、小早川隆景の運命を大きく変えます。
本能寺の変による信長の死。
この時隆景は、後に天下を取る秀吉と
運命的な出会いをするのです。

隆景は秀吉方に与して毛利の存続を図ります。
そのために、秀吉の甥の秀秋を養子にまでしたのです。

隆景の死。
それは、関ヶ原という大きな時代のうねりに
秀秋をはじめ毛利一族を否応なく巻き込んでいくのです──。

続きを読む "プレイバック春日局・(11)関ヶ原前夜"

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

プレイバック春日局・(10)秀吉逝(ゆ)く

豊臣政権五奉行の筆頭・石田三成。
「太閤検地」「南蛮貿易の拡大」など
経済政策のベテランとして秀吉にとって
なくてはならない人物でした。

三成は近江国・長浜生まれ。
初めて城を持ち大名となった秀吉とこの土地で出会い
その帯同を認められ、小姓に取り立てられたのです。

近江は古くから商業の盛んな土地です。
出身地に近い佐和山城主となった三成は
その政策に独特の経済感覚を用いて大きな成果を上げました。

三成を慕う領民が刻んだ地蔵尊が城跡に点在しています。
官僚というイメージが強い三成とは違う
温かい人柄を窺い知ることが出来ます。

しかし大坂城では三成の政策が大きな反発を招きました。
その中心は、尾張以来、秀吉と戦を供にしてきた加藤清正です。
そしてこの対立は、やがて豊臣政権に
大きな火種を撒くことになるのです──。

続きを読む "プレイバック春日局・(10)秀吉逝(ゆ)く"

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »