« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月27日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(20)篤太夫、青天の霹靂(へきれき)

一橋家の財政立て直しに自分の居場所を見つけた渋沢篤太夫。
しかしその運命が、大きく変わろうとしていました。
第二次長州征伐で大坂入りしていた将軍・徳川家茂が、
胸を押さえて倒れてしまったのです。

急いで病気見舞いに訪問する一橋慶喜は、家茂が慶喜と対面すれば
病気が嵩じてしまうからと会わせてもらえませんでしたが、
ようやく見舞いがかない、言葉を交わすこともできました。

「私はまだ死ねぬのじゃ」
家茂は、今の徳川を残して死んでしまっては、前将軍徳川家定や
命を懸けて家茂を立ててくれた大老の亡き井伊直弼に面目が立たないわけです。

帝の妹を御台所として得ながら、攘夷が果たせなかった悔しさもあります。
だからこそ、天皇が憎む長州だけは倒さなければならないのです。
家茂は、その覚悟はあるかと慶喜に問いただします。

慶喜は、将軍は家茂でなければならないと考えてきました。
慶喜は、病気を治したあと復帰し徳川をお守りください、と言葉をかけます。
「私はずっと、あなたとこうして腹を割って話してみたかった」
この3日後、家茂は亡くなりました。

 

訃報は瞬く間に、京の一橋邸にも届けられます。
喪は伏せるとのことで、口外無用とのお達しです。
とはいえ、若い家茂にはお世継ぎがおらず、今後の江戸幕府の体制が気がかりです。
ひょっとしたら、慶喜が将軍になるかもしれない、と考える者もいます。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(20)篤太夫、青天の霹靂(へきれき)"

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(19)勘定組頭 渋沢篤太夫

一橋家の懐を豊かにするために動き出した渋沢篤太夫は
一橋領の備中で収穫した米を、その良さを分かってくれる大坂の商人に
入り札制度(最高値を提示した者にだけ売る方法)により高値で売ります。
備中の家の床下でとれた硝石を使って、火薬の製造も始めます。

幕府内にも懐を豊かにする勘定奉行・小栗忠順がいました。
フランスから軍艦を買い、長州を潰して続けて薩摩も討ってしまえば
もはや幕府に対して刃向かう大名も出てこないだろうと考えます。
そこでようやく、幕府はひとつにまとまるのです。

幕府が貿易をしたがっているフランスから、2年後に行われる
万国博覧会の招待状が届きますが、小栗は「無論参加だ」と答えます。
懐具合を少しでもよくするため、世界に日本の優れた産物を
見せつけて、今後の貿易につなげたい考えなのです。

 

──こんばんは。徳川家康です。

この小栗忠順の家は、私のころから代々仕える旗本の名門です。
彼は初めて公式にアメリカへ渡った幕府使節団の一人となりました。

小栗は、現地の最新技術に目を見張った。
そして「いつか日本もこれを超える技術を」と
造船所で作られていたねじを持ち帰りました。
今や優秀な勘定奉行だ。

我ら武家は長らく、「金は卑しいもの」と嫌っていましたがね。
新たな世は、経済の知識なしには乗り切れなかった。
そしてそんな人材は、こんなところにも──。

 

「ベルギー国と、コンパニーの約定を結びもした!」
紳士服に身を包む薩摩藩士の五代才助が笑っています。
薩摩の富国強兵を成功させるため、フランスで行われる2年後の万国博覧会に
薩摩のいい品をたくさん出して拍車をかけたいところです。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(19)勘定組頭 渋沢篤太夫"

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(18)一橋の懐

「烈公の尊王攘夷のお心を朝廷にお見せするための上洛じゃ」
武田耕雲斎が首領となった水戸天狗党は、自分たちの考えを通すために
水戸で血を流し続けるのはよくないと考え、上洛を決意します。
京には、烈公の心を一番よく知る一橋慶喜がいるからです。

しかし京をお守りする役目の慶喜は、天狗党の討伐を決めます。
一橋家家臣の原 市之進は、渋沢篤太夫に天狗党討伐への出兵を指示。
しかし天狗党の藤田小四郎を鼓舞した過去を考えると、自分が
天狗党を討伐することを素直に受け入れることもできません。

元治元(1864)年12月、慶喜と、弟の松平昭徳の軍勢は、
天狗党討伐のために兵を引き連れて京を出発します。

一方、篤太夫と別れて慶喜の密命を受けた渋沢成一郎は
天狗党のかつての陣営にたどりつき、追討軍との戦いに疲れ果て、
雪がちらつく中を空腹と寒さに耐える兵たちの姿を目にします。

耕雲斎と対面した成一郎は、慶喜からの密書を手渡します。
武器を手にして京に入ることは、天皇の御心に背く行いである……。

「上洛は諦め、三々五々国元へ落ちよ」の文面に、小四郎は
烈公の遺志を踏みにじり保身を図る慶喜に大激怒しますが、
耕雲斎は 自分たちの行動がこれほどまでに慶喜を追い詰めて
しまっていたことに気づき、膝から崩れ落ちて泣きじゃくります。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(18)一橋の懐"

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(17)篤太夫、涙の帰京

元治元(1864)年6月、渋沢篤太夫と成一郎は
一橋家のために働く関東の人々を引き連れて江戸に向かっていました。
そこへ血洗島の中ん家・伝蔵が合流、ふたりが血洗島を出て久々の対面です。
彼は、尾高惇忠から文を預かってずっとふたりを捜していたのです。

惇忠は悪いことをしてないのに捕らえられたので、みんなで番所へ押しかけ
名主さま(=惇忠)を返さねえなら牢屋を打ち壊す、と脅し
陣屋もついに折れて、惇忠を牢から出してくれたのだそうです。
手錠をつけたまま家に帰された平九郎も、手錠を外してもらえました。

伝蔵がやってきたのは、惇忠の文を届けるだけではありませんでした。
ふたりが兵を集めていると聞いて、自分も志願したいのです。
その申し出を断る理由なんかありません。
はなから加えるつもりだったと成一郎は笑い、久々なのでじゃれあいます。

 

江戸・平岡円四郎邸では、やすが一橋家の家臣たちと会っていました。
彼らの口から出たのは、円四郎が賊に襲われて落命したという
思いもかけない言葉でした。

初めこそ、バカも休み休み言いなと笑うやすですが、
どうやらそれが本当らしいと分かると、半ば狂乱ぎみになります。
「ねえ……うそって、うそってそう言っておくれよ!」

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(17)篤太夫、涙の帰京"

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »