« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月29日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(25)篤太夫、帰国する ~生きてくれ平九郎!~

──こんばんは。徳川家康です。

さて、明治になりましたよ。
ん? まだ出てくるのかって? アッハハハ…。
もしかしたら多くの方が、すっぱり徳川の世は終わり
新しい世が始まったと思っているのかもしれない。

しかし、実際はまだまだ。
各地で戦は収まらず、薩長新政府は政権を奪いはしたものの、
金もなく内政も外交も課題が山積みでグラグラだ。

民の多くもまだピンと来ず、
すぐ元の世に戻るだろうと思う者も少なくなかった。
篤太夫たちは、そんなさなかに帰ってきたのです──。

 

明治元(1868)年10月、長旅を終えて横浜港に入った徳川昭武ご一行。
そこに陸から杉浦愛蔵と加治権三郎が上がってきました。
このまま陸に上がれば薩長方に無礼な扱いをされかねないので、
小舟に乗り換えて神奈川へ移動し、品川の宿で過ごすように提案されます。

庶務の作業が残っている渋沢篤太夫はそのまま下船するので、
昭武とはここでしばらくのお別れです。
「御息災をお祈り申し上げます」と、昭武を見送ります。

「帰国したら主がおらんとは、浦島太郎ばい」と馬鹿にされつつ
ぐっとこらえて身体検査を終えた篤太夫はそのまま横浜の宿に入り、
留守中の日本の様子を聞くことになりました。

年が明けて間もなく、大坂に戦に出ていた将軍徳川慶喜が江戸に帰還し
そこで初めて江戸城内の者たちは、鳥羽・伏見の戦いで
昼夜を問わぬ戦により、幕府が薩長に負けたことを知ります。
薩長は錦の御旗を掲げていて、幕府軍は帝に逆らう賊軍になったからです。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(25)篤太夫、帰国する ~生きてくれ平九郎!~"

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(24)パリの御一新 ~今夜再会!運命の分岐点~

血洗島の渋沢家では、正月前に餅をついてみんなにふるまわれます。
渋沢栄一が血洗島を出て5度目の正月、愛娘うたもとても大きくなりました。
そこに「失礼いたす」と、外国奉行支配調役の杉浦愛蔵が入ってきます。
お武家さまだ、とみんな土下座して頭を低くします。

愛蔵が千代に手渡したのは、民部公子・徳川昭武の写真です。
桐箱に入っているのですが、もう一枚板があり、そこには栄一の写真が。
しかし千代は、それを一瞬見て、見なかったふりをします。
栄一が髪を下ろし、西洋風の髪形になっていることに衝撃を受けたのです。

あれほど異人を嫌っていた栄一が、姿までも一緒になったとは
なんとあさましいお姿! と千代はうろたえていますが、
市郎右衛門は「栄一は大和魂をなくしたりしやしねぇ」と諭します。
手紙を書いてやっておくれ、と頼まれても、書けそうな自身はありません。

 

慶応4(1868)年1月2日、パリでは新年をささやかに祝います。
そこに幕府から御用状が届き、代表して栗本鋤雲が受け取るのですが、
その中の「政態御変革」の文字に、表情を曇らせます。
「上様が、政を朝廷に返上した、と」

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(24)パリの御一新 ~今夜再会!運命の分岐点~"

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »