« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月31日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(33)論語と算盤(そろばん)

大蔵卿・大隈重信に、三菱商会の岩崎弥太郎は「三井と小野が言うことを聞かんなら、少し灸を据えたらどうですやろ」とアドバイスし、この先 無利子無担保で便宜は図れぬから担保を出せと言い始めました。このままいけば放漫経営の小野組が危険にさらされてしまいます。第一国立銀行が小野組へ貸し付けているのは130万、この貸付金が取りはぐれたら第一国立銀行は破産してしまいます。

渋沢栄一は急いで大隈邸に向かい、三井・小野に無利子無担保で貸し付けたのは御一新の際に貢献したからだと彼らを擁護します。大隈は、自分一人で決めたことではないと主張し、そもそも担保を出せと言われてあたふたするようなところに政府の金を預けること自体が危ないことだというわけです。三井と小野が第一国立銀行の大株主であることは大隈も知っているはずなので、担保を出せというのは、遠回しに渋沢をも困らせるつもりであることはまちがいなさそうです。確かに大蔵省が大変な時に渋沢は去っているので、ひとり残された大隈の気持ちを考えれば、すべて悪いとは言い切れないところがあります。
ふたりは大げんかになり、大隈の妻・綾子が「大声でどなるな、せっかちは厳禁」と五代友厚が大隈に宛てた彼の欠点集を示して仲裁に入りますが、渋沢は舌打ちし、大隈邸を後にします。

第一国立銀行に戻ると、小野組頭取の小野善右衛門が待っていました。助けてください と土下座する小野に、渋沢は心を鬼にして貸付130万の返済を強く求めます。銀行がつぶれれば日本に銀行を作ることが絵空事に思われ、産業も商業も育成がますます遅れて日本経済そのものが崩れてしまいます。小野がつぶれても銀行をつぶすわけにはいかないのです。
小野組番頭の古河市兵衛は、渋沢が無担保で貸し付けた130万円のうちほとんどが古河管理の支店への貸し付けであり、信用してくれたご恩に報いるべく、今出せるだけのものはすべて出すと表明。慌てふためく小野を横目に、古河は「もうどうやっても小野は助かりません」と、一方的に見捨てようとする政府よりも、渋沢や市井の人々へ返却したいというわけです。
結局 第一国立銀行は、小野組の犠牲でこの難局を切り抜けます。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(33)論語と算盤(そろばん)"

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(32)栄一、銀行を作る

渋沢栄一は、銀行と言う仕組みを民間に根付かせるため、そのしがらみの根源となっている大蔵省を辞めることにしました。3年半勤めた末の決意でした。栄一はまず大蔵省に誘った杉浦 譲に、先に辞めることになってしまったことの詫びを入れます。「ここ最近の君を見ていて、苦しそうだなと思っていた」と、杉浦は何となく予測できた結末にさして驚きもしませんが、大蔵省に招いてくれたことへの感謝は忘れていません。パリでの苦悩の日々も、初めて郵便が届いたときの喜びも、ふたりにとって共通の絆です。

井上 馨は大隈重信を追いかけまわしていました。文部省や司法省の輩を説得していかなければ、健全な財政を図れないというのです。大隈重信は、井上が雷を落として他省の者たちともめるのはもうたくさんで、文明開化のための費用はやむを得ないのだ、と納得させようとします。「だれが好んで雷落とすか!」と、大隈の机の上に広げてあった書類をぶちまける井上は大蔵省辞職を言い出し、みんながもみくちゃになって井上を止めている中、「止めるな渋沢!」と振り返ると──栄一は辞表片手に涼しい顔で座ったままです。
「では、私も」

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(32)栄一、銀行を作る"

| | コメント (0)

2021年10月17日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(31)栄一、最後の変身

渋沢栄一の父・市郎右衛門の初七日が済み、栄一の妹・ていが再婚する婿の須永才三郎が渋沢家に挨拶にやってきました。生前、市郎右衛門が才三郎に「渋沢市郎と名乗れ」と言われていたらしく、よろしくお願いします、と頭を下げるのですが、栄一は柔和な笑みでこれを受けます。
「どうか、この家を…おていやかっさまを…よろしく頼みます」

大阪出張の際に一夜を共にした大内くにが妊娠したと知った栄一は、千代に会わせたい人がいると言って、血洗島から東京に戻ってからくにを自邸に連れてきます。くにのお腹はすでにとても大きく「堪忍どす…迷惑かけるよって、ひとりで大阪で産むつもりやったんどす」と膝をついて千代に詫びます。栄一も、くにのお腹の子は自分の子であると打ち明けますが、身寄りがいないと連れてきたのです。
そうですか、とため息交じりに言う千代は、くにもその子も一緒にくらせばいいではないですか、と提案します。「お前さまのお子です。ともに育てましょう」
ありがとう! 恩に着る! と栄一は千代に土下座して感謝しますが、千代は誰もいないところで大きくため息をつきます。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(31)栄一、最後の変身"

| | コメント (0)

2021年10月10日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(30)渋沢栄一の父

渋沢栄一が大蔵省内に立ち上げた「改正掛」で、郵便、戸籍など次々と発案があり、そのひとつひとつについて実行に向けて準備を始めますが、「出過ぎた真似はすんな!」と大久保利通は改正掛を敵対視。大蔵大輔の大隈重信は解任されてしまいました。しかし岩倉具視は、改正掛のやることはむしろどうでもよく、鹿児島に引っ込んだままの西郷隆盛がいまだに新政府に出仕しないことにいらだちを見せ始めます。
お上の世は…またつぶれてしまう、と、大久保とともに岩倉も西郷を連れ戻すために鹿児島に向かうことにします。

鹿児島に到着した岩倉は、どうしても薩摩の力が必要だと国父・島津久光を説きますが、久光は胃の痛みを訴えて遠回しに行けないと伝えます。しかし岩倉の狙いは久光ではありませんで、求心力を失っていた新政府にとって頼みの綱である西郷を引っ張り出すために、久光には代理の者をよこせと強く要求します。

 

──ああー、ダメだダメだ! それじゃあ何も変わらん! あ、失礼。こんばんは。徳川家康です。ちっとも新しい世が定まらないので、あと少しだけ話をさせてください。栄一が新政府に入って2年、たくさんのことをやりましたよ。度量衡の統一、貨幣制度の改正、鉄道事業、エトセトラ、エトセトラ。新しい時代を作る支度は少しずつ整った。しかし! 各地で税や権力を握るのは、相変わらず元の藩主たちだ。新しい意見を武力で抑え込もうとするところも同じ。今、あえて聞きたい。徳川幕府を倒してまで君たちが作りたかった新しい世は、いったい、何なんだ?──

 

廊下の向こうから、軍服に身を包んだ西郷がのっしのっしとやってきました。栄一は西郷にすぐに気づいて挨拶すると、「この政府は八百万の神どころか、いたずらに争って権威をなくしてる」とぼやきます。正直なお人だと西郷は笑うのですが、国を一つにまとめていただきたい、との栄一の要望には、かえって国をぶっ壊すことになっかもしれんど、と真顔になります。

「公方様でも親でも師匠でも、人の上に立つものはみな上(かみ)だ。上に立つものは下(しも)の者への責任がある。大事なものを守るつとめだ」父の市郎右衛門も言っていました。下々の者が頑張ったって、上に立つものがしっかりしていなければ国も人も守れない。もしかしたら西郷が言うように、もう一度新政府を壊してしまう必要があるかもしれない。栄一はふとそんなことを考えていました。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(30)渋沢栄一の父"

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(29)栄一、改正する

──こんばんは。徳川家康です。

明治2(1869)年も末になったというのに、まだ新政府は名ばかりだ。薩摩も長州も、我が徳川との戦を終えた兵たちが、その後の処遇に不満を抱いて内輪もめを起こしましてね。その対応に手いっぱいだったのです。

維新の主役がこのありさまだ。いまだ制度も整わず、外国には文句の言われ放題。金もない。新政府どころか日本そのものが危機でした。

そこへ助け舟を出したのが、皮肉にも我が徳川の家臣です──

 

徳川家康のように、5年、10年、100年先を考えて政治に励んでいる者がひとりもいないことを憂いた渋沢栄一は、『改正掛』という役目を新たに政府内に設置することを大隈重信に提案します。大蔵省や民部省、外務省などの垣根を越えて、日本に必要なものごとを考えて決定事項を即実行できる集団を作りたいわけです。人員は各省から兼務で集め、さらに静岡藩から人材を召し抱えたいところです。

大隈も、佐賀は日本一の洋学通だと胸を張りつつも、今はやれ薩摩だ長州だというのはどうでもいい、と伊藤博文に言われて意気消沈。大隈の本音のところは、藩主も公家も人数は減少したとはいっても、頭でっかちな旧派の人たちがのうのうと過ごしていては、新政府が行う改革もいつになったら完成するのかと呆れてもいるのです。

こうして大隈や伊藤の賛同を得て、11月に『改正掛』を設置します。栄一は大蔵省に勤めながら、その掛をまとめることになりました。掛をまとめるのが旧幕臣であることに不満をもらす者もいる中で、静岡からは杉浦 譲や前島 密、赤松則良も合流し、徳川の名を辱めぬように努めたいと栄一の味方となってくれます。

栄一はさっそく『改正掛会議』を開き、旧幕臣、藩出身の垣根をとっぱらい、闊達な意見交換を求めます。出された改正案は「金を集めるために租税の改正」「場所ごとにばらばらな貨幣の一本化」「正しい丈量を全国的に行うために測量法をひとつに決める」といろいろあるのですが、金がないのにそんなことができるかという意見の次には、そのために租税、そのために測量、そのために戸籍…と話が堂々巡りとなっていきます。喧々諤々な会議に大隈は頭を抱え、しかし栄一は、もっとこい! とみんなをあおります。

やはり、百姓あがりの旧幕臣のもとでは働けねえ! という声が噴出するのですが、栄一はそんな声には全く耳を貸しません。各藩発行の藩札の調査に入り、租税と統一通貨、全国測量の支度にかかります。同時に租税勘定帳のつけ方を統一し、鉄道敷設予定の東京~横浜間の測量も来春から入ることにします。
「さてと…時が足りねえ!」

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(29)栄一、改正する"

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »