« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月26日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(41)青春は続く [終] ~魂のラストメッセージ~

──こんばんは。徳川家康です。
いやぁ……今日で終わりとは寂しい限りだ。もっともっとこの目で見ていたい。しかし260年続いた徳川の世しかり、何ごとにも終わりはある。
渋沢栄一の物語を閉じるにあたって、ぜひ皆さんに感じていただきたいことがあります。真心を込めて切り開いた、彼らの道の先を歩んでいるのは、あなた方だということを……是非に──

大正8(1919)年、ドイツの降伏で世界大戦が終結。日本は、戦後処理のために開かれたパリ講和会議で、人種差別の撤廃を欧米各国に求める一方、中国の山東半島におけるドイツの権益を要求。“日本の侵略は世界平和の脅威” “日本のアジア支配の野望はアメリカとの戦争を意味するのか”──日本に対する各国の警戒が強まり、中国や朝鮮半島では反日運動が激しさを増しました。

飛鳥山の渋沢邸。孫の敬三は渋沢栄一が突っ伏しているのをみて「おじいさま!?」と駆け寄りますが、体調が悪化して突っ伏していたわけではありません。これほどまでに日本人がみんなから嫌われている現状にショックを隠し切れないのです。大戦が終わった今こそ、世界は共存共栄の平和に向かって力を合わせ、日本も大いに世界人類の幸せのために力を尽くすべき時なのです。しかし敬三の学友たちは、中国ともう一度戦争をして、アメリカとともに倒してしまえと言っているそうで、栄一は「そんなことは冗談でも口にしてはならぬ!」と敬三にくぎを刺します。

栄一は喜寿を機に実業界から完全に引退しました。しかしその気力は全く衰えず、長年手掛けてきた徳川慶喜の伝記本も完成しました。
毎朝6時には起床し入浴を済ませてから朝食。7時ごろからはもう客が続々と詰め掛け、公衆衛生や都市開発、社会事業と、毎日平均15時間は熱心に働いています。東京養育院への訪問も欠かしていません。たくさんの子や孫にも恵まれました。最初の内孫である敬三は、栄一の希望通りに仙台二高を卒業し、東京帝国大学経済学部で学びながら、跡継ぎとして栄一を手伝っています。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(41)青春は続く [終] ~魂のラストメッセージ~"

| | コメント (0)

2021年12月19日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(40)栄一、海を越えて ~最終回直前拡大版!~

日本は、ますます帝国主義に傾いていきました。

「私はこのたび、第一線を退くこととしました」と渋沢栄一は宣言します。第一銀行と銀行集会所以外、務めている役員を全て辞任し、実業界を引退したい、と。大倉喜八郎(帝国劇場設立者)や西野恵之助(帝国劇場発起人・専務)は、栄一が指導監督するから帝国劇場を引き受けたのに! と栄一の引退には異を唱えますが、実業界も人材がそろい、栄一頼みの現状から脱却しなければなりません。拍手をもってその場を後にする栄一を、「そこをなんとか!」と追いかけてくる人たちを佐々木勇之助に防いでもらい、そのすきに逃げる栄一です。
この時栄一が辞職した会社は、
東京ガス、大日本遠洋漁業、日本郵船、木曽興業、東京製綱、東京帽子、日本煉瓦製造、浅野セメント、七十七銀行、高等演芸場、東京海上保険、日清汽船、帝国商業銀行、東洋ガラス製造、三重紡績、日韓ガス、営口水道電気、日英銀行、京釜鉄道、日英水力電気、磐城炭礦(砿)、万歳生命保険、東部煉瓦、韓国倉庫、浦賀ドック、北越鉄道、大阪紡績、東明火災海上保険、十勝開墾、日本興業銀行、日清火災保険、韓国興業、日本醋酸製造、函館ドック、小樽木材、東京人造肥料、中央製紙、東亜製粉、東京石川島造船所、京都織物、京阪電気鉄道、名古屋ガス、明治製糖、大日本精糖、東京毛織物、大日本塩業、日清生命保険、帝国ヘット、日本皮革、帝国ホテル、広島水力電気、大日本ビール、品川白煉瓦、二十銀行、帝国劇場、大船渡築港鉄道、沖商会、日本醤油、石狩石炭、東海倉庫、汽車製造…
60以上にのぼりました。

栄一は大磯の伊藤博文邸で、伊藤とまったり過ごしています。伊藤が総督を務める韓国ではいろいろともめており、陸軍が韓国を直轄しようと大きな顔をし始めていて、抑えるためにハルピンゆきも考えなければなりません。
「私もアメリカに行くことにしました」と栄一。アメリカにいる10万人の日本人が排斥されそうになっていて、“日本をやっつけろ!”と新聞も書き立てるありさま。そこで栄一は、日本人はアメリカ人の友であり、経済上も人としても仲良くしようではないか、と心を込めて伝えていけば分かってもらえるはずです。栄一がやろうとしていることは「民間外交」なのです。これには伊藤も、栄一はうそをつかないから信頼を得ているし、戦のにおいがしないから向いているかもしれない、と。

明治42(1909)年、栄一たち渡米実業団はアメリカの実業家たちが用意した特別列車に乗り込みました。アメリカ大陸を横断する旅の始まりです。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(40)栄一、海を越えて ~最終回直前拡大版!~"

| | コメント (0)

2021年12月12日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(39)栄一と戦争 ~慶喜、真相を語る~

日本の勝利で日清戦争が終結し、「日本、万歳! 万歳!」と民衆たちが盛り上がりを見せ、もはやアジアの三等国ではなく一等国への道が見えてきたという伊藤博文の言葉で、ようやくきたかと渋沢栄一の志はついに果たされようとしていました。

故郷・血洗島へ帰省した栄一と渋沢喜作は、仏壇に並ぶ渋沢平九郎の位牌に「喜べ。日本は強くなったぞ」と語りかけています。その場にいた尾高惇忠は、悲憤慷慨していたころの夢が叶おうとしている今、惇忠自身がなすべきことは一日も早く渋沢長七郎や平九郎のもとに行くことだとつぶやきます。惇忠は古稀、70歳なのです。栄一は喜作と惇忠に「あれから30年…慶喜さまに会ってみねぇか」と誘います。

慶喜は静岡から東京豊島の巣鴨に移り住み、栄一屋敷とは約1.6kmしか離れていません。慶喜と喜作が顔を合わせるのも久しぶりで、当時の「成一郎」と呼ぶ慶喜は、喜作が白銀台に立派な屋敷を構えたことを喜びます。また惇忠には、幕臣の平九郎の実兄で富岡製糸場で励んだことを慶喜は知っており、長くお国のために尽くした功績に言葉もない、と惇忠を称えます。
惇忠は、20世紀の訪れとともにこの世を去りました。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(39)栄一と戦争 ~慶喜、真相を語る~"

| | コメント (0)

2021年12月 5日 (日)

大河ドラマ青天を衝け・(38)栄一の嫡男

──こんばんは。徳川家康です。
徳川の世が終わって、二十有余年の時が流れましたよ。日本はようやく近代国家となったが、ここにきて、日本古来の伝統を重んじる考えや、江戸の世を再評価する機運が高まりましてね。そう。大日本帝国憲法発布と同じ年には…。
(祝砲の音)フッフッフッ。呼ばれたようだ──

明治22(1889)年 夏、東京上野で、徳川家康が江戸城に入って300年の節目を祝う「東京開市三百年祭」が開かれました。このお祭りを企画したのは、旧幕臣たちでした。福地源一郎、栗本鋤雲、前島 密、益田 孝、田辺太一らも上野に集まり、「今は亡き小栗さまに、献杯」と杯を傾けます。「先日、烈公(水戸斉昭)の肖像画を見てきた」と猪飼正為(勝三郎)が自慢げに話せば、見てみたいものですね、と渋沢栄一や喜作が笑い、川村恵十郎もうんうんと頷いています。そこに栄一を呼ぶ男が──徳川慶喜の弟・徳川昭武です。もう37歳になったので、もう民部公子ではない、と照れ笑い。永井尚志や高松凌雲も合流して、ある意味、同窓会に似たような雰囲気です。

静岡の慶喜邸では、そのお祭りで徳川宗家の家達が通ったときに人だかりができ、かつての直参たちがたくさん集まって涙ながらに祝っていたと、やすが興奮気味に話しています。東京の民は徳川を忘れておらんのやなぁと美賀子はしみじみ。栄一は慶喜にもぜひ参加してほしかったようですが、慶喜の家のことまでいろいろと世話を焼いてくれる栄一に美賀子は感謝しています。「渋沢を見出したのは平岡の慧眼であった、と」と慶喜の言葉を借りて言えば、やすはたまらず頭を下げます。
慶喜は子の厚と写真や絵画を楽しむ日々を送っています。

栄一は銀行業を中心に、製紙・紡績・鉄鋼・建築・食品・鉄道・鉱山・電力・造船など多くの産業に関わり、国際化に対応できる女性育成のための学校や病院、養育院など、教育施設や福祉施設の充実にも力を注いでいました。養育院運営の寄付を募る慈善会の会長は、妻の兼子が務めていました。また渋沢家では次女の琴子が大蔵省勤務の阪谷芳郎と結婚し、大内くにの産んだ文子も尾高惇忠の次男・尾高次郎との結婚が決まり、くには新たな人生を送りたいと渋沢家を出ていくことになりました。形はお妾さんではありましたが、千代も含めてくにを迎え入れてくれて、そしてくには渋沢家をいろいろとサポートし、とても良好な関係でした。「くには幸せどす。みなさんの立派に育ったお姿を、お千代さんに見せてあげたかった」
篤二は、栄一の嫡男であるので後継者として期待されていました。

続きを読む "大河ドラマ青天を衝け・(38)栄一の嫡男"

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »