« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月31日 (日)

大河ドラマ鎌倉殿の13人・(29)ままならぬ玉 ~源頼家の暴走と孤独 北条vs比企~

阿野全成の読経の中、源 頼家と宿老たちの前に並べられた多数の首桶……その中央には「梶原平蔵景時」の札がかかっています。景時がいなくなり、これからは否応にも北条と比企の争いが激化することは誰が見ても明らかでした。比奈はいつぞやの起請文を北条義時に差し出し、「私を比企に帰すなんてくれぐれも言わないように」と念押しします。義時としても比奈に辛い思いはさせたくないのです。

善児を呼び出した義時は、生前、景時が渡すよう頼まれていた布袋を善児に渡します。中身を確認し「梶原どのもお人が悪い。試されたのですよ、わしの天運を」と言う善児ですが、ともに連れてきた“2代目”のトウという女忍者がその腕前を披露している間に、布袋から中身を取り出します。中身は、かつて北条宗時を刺し殺したときに奪った青色の巾着袋でした。

──鎌倉を支えてきた宿老の一角が崩れた。バランスを失い、大きく揺れる権力の振り子。それを止める者は、誰だ──

続きを読む "大河ドラマ鎌倉殿の13人・(29)ままならぬ玉 ~源頼家の暴走と孤独 北条vs比企~"

| | コメント (0)

2022年7月29日 (金)

プレイバック北条時宗・(12)暗殺

弘長3(1263)年の冬、北条時頼の葬儀が執り行われました。北条得宗家の嫡男として葬儀一切を取り仕切った北条時宗ですが、時頼に非情な遺言を受け、その心の中は激しく揺れ動いていました。棺のすぐ後ろからついていきながら、「長時を殺せ」「時頼を殺せ」との時頼の声が、響き渡っていました。そして時宗のすぐ後ろを、その時頼が続いていました。

鎌倉執権館では、北条長時が時頼の死に遺憾の意を表明しますが、安達泰盛は毒殺なのだから下手人を探せとわめき出します。北条政村も北条実時もそれに否定的な考えを示し、下手人探しをすることは身内を疑うことと言う長時と、やましいことがあるからそう言うと主張する泰盛がいがみ合いますが、その空気に耐えかねて時宗が「父上は病で亡くなられたのじゃ!」と座を蹴って出ていきます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(12)暗殺"

| | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

プレイバック北条時宗・(11)時頼絶命

「父亡き後の鎌倉をいかに導けばよいか、3人に申し渡す」 座禅を組む我が子3人に向かって、北条時頼は静かに語り出します。毒を盛った下手人は探すな。兄弟3人それぞれの役割を全うせよ。北条時輔は家臣として北条時宗と北条宗政を補佐せよとのお達しに時宗は我慢なりませんが、いずれ劣らぬ辛き運命と時宗を突き放します。そして最後の3つ目を言おうとした時頼は、その場で昏倒してしまいます。

時頼が病床に伏したことは大騒動になりますが、最明寺亭に見舞うことも許されず、事実確認が取れません。ただ、北条経時や檜皮姫と全く同じ症状ということだけは分かっています。「毒を盛られたと申すか!?」と安達泰盛は怒りをにじませますが、北条政村は、時頼が倒れた情報が漏れないように、すでに伝えた松下禅尼以外は鎌倉内部の者にも秘密にします。時頼を恨むと公言していた涼子にも言うは及ばずです。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(11)時頼絶命"

| | コメント (0)

2022年7月24日 (日)

大河ドラマ鎌倉殿の13人・(28)名刀の主 ~13人早くも崩壊危機 梶原景時の義~

「これより訴訟型の評議をいたします──」 土地争いの兄弟の件では、兄をよく知っていると肩を持つだの、弟の妻がどこの家の出身だの、私情を差しはさむ者ばかりです。鎌倉殿に代わって公正なお裁きとはまるで程遠い実情に、北条義時は深いため息をつきます。静観していた梶原景時は黙っていられずくぎを刺します。「便宜を図るのは政の妨げとなるので止めていただきたい。評議をやり直す!」

──若き鎌倉殿を補佐する十三人の御家人たち。父頼朝を超えようともがく頼家は、不信感を募らせていく──

続きを読む "大河ドラマ鎌倉殿の13人・(28)名刀の主 ~13人早くも崩壊危機 梶原景時の義~"

| | コメント (0)

2022年7月22日 (金)

プレイバック北条時宗・(10)ひとり立ち

北条時宗と北条時輔の果たし合いの時。由比ヶ浜(前浜)で小笠懸です。二人だけの果たし合いなので、従者も立ち入らせないほどのピリピリした空間です。一直線に並べられた小さなオレンジ色の的を射抜きます。「ハイッ」と時宗の声が響き渡ります。腰かけた時輔は砂で遊びながら、目で時宗の姿を追います。1枚目、2枚目と見事に射抜きますが、突然の雷鳴に手元が狂って3枚目を惜しくも外してしまいます。

時輔は黒の的を射抜きます。馬上の人となった時輔は、しばらく地面を見てじっとしていましたが、「ハイッ」と駆け出します。1枚目、2枚目と順調に射抜き、時宗は来たる結末に思わず目を背けますが、時輔は3本目の矢を天に向かって射ます。アッと声を出しそうになる時宗を、時輔はじっと見つめ、そのまま立ち去ります。時宗は膝から崩れ落ち、悔しがります。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(10)ひとり立ち"

| | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

プレイバック北条時宗・(09)決闘由比ヶ浜

安達屋敷が炎に包まれ、落ちてきた梁の下敷きになって讃岐局が犠牲になりました。北条時宗の元に無事に戻った祝子は実家に帰った非礼を詫びますが、讃岐局が助け出してくれた時に北条時輔の名をつぶやいていたその声が、脳裏から離れません。涙をこぼす祝子の手を握り、無事でよかったと安堵の表情を浮かべる時宗。ようやく夫婦が本当の夫婦になれた瞬間でした。

讃岐局の亡骸を前にひざから崩れ落ちる時輔は、自分が弔いを行うと言い出します。付け火は罪が重いことながら、時頼が情けをかけていれば母は命を絶つこともなかったわけで、母を罪人扱いする時頼を許せなかったのです。そしてお悔やみに訪れた涼子にまで噛みついて、涼子が相手にしなかったから母は自分の家督相続にこだわったと、涼子も罪人扱いします。「そして、それがしは一番の大罪人じゃ」

続きを読む "プレイバック北条時宗・(09)決闘由比ヶ浜"

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

大河ドラマ鎌倉殿の13人・(27)鎌倉殿と十三人 ~御家人13人で支える新しい鎌倉殿~

建久10(1199)年1月、京では昨年末の源 頼朝逝去の報が入ってきていました。ただ病気を得て出家→逝去の日数が短いことに、後鳥羽上皇は不審がります。4年前に上洛した際、水をよく飲んでいたことから、飲水の病を疑います。かつては藤原道長もかかったと言われる病で、水が足りないとめまいを起こす……そこからの落馬。「つながった」と上皇はニヤリとします。

鎌倉殿として初めて御所に向かう源 頼家に、出家し尼の姿となった北条政子は、頼家にとっては祖父の源 義朝のどくろを渡します。これはにせもの、と政子は断言しますが、北条義時が言うには、全てはこのにせもののどくろから始まり、人々の心を突き動かしたのです。「これは鎌倉殿が代々受け継ぐべきもの」と、頼家が持っているように言われます。

──権力継承の時はあまりにも突然訪れた。頼朝亡き後の大きな空白。若き頼家はそれを埋めることが出来るのか──

続きを読む "大河ドラマ鎌倉殿の13人・(27)鎌倉殿と十三人 ~御家人13人で支える新しい鎌倉殿~"

| | コメント (0)

2022年7月15日 (金)

プレイバック北条時宗・(08)逃げた花嫁

弘長元(1261)年・春。北条時宗は、本人の意向に関係なく勝手に縁談が進められていることを怒っていました。安達家には不満はないものの、祝子は泣き虫で気が強く、仲睦まじくなれそうな気がしないわけです。北条時頼は、男には「元服で」「婚儀で」「官に就いて」魂を尽くすものだと諭します。涼子と別々に暮らしても娶ったことは悔いていないと言われ、時宗も黙り込んでしまいます。

泣いている祝子を慰める松下禅尼と梨子ですが、北条得宗家に嫁ぐことになれば亡き父母も喜ぶと微笑みかけます。そこに讃岐局が現れ、時宗と祝子の縁組が成れば安達も安泰と皮肉たっぷりにいいのけます。よくやりましたなぁ、と不気味な笑みを浮かべる讃岐局は、その「安達を参考に」時輔を盛り立てる道を見つけると宣戦布告するようにキッと松下禅尼を睨みつけます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(08)逃げた花嫁"

| | コメント (0)

2022年7月12日 (火)

プレイバック北条時宗・(07)執権修行

正嘉2(1258)年、夏。北条時利11歳のときに北条実時の姪・祥子との婚儀が執り行われます。結婚を機に時利は鎌倉御所を出て、長谷(はせ)に新たに築く屋敷に移ることになりますが、北条時頼は兄弟仲良くと言い聞かせます。時頼は北条時宗に「小侍所所司」の任務を与えます。6代将軍宗尊親王に仕え、近々行われる将軍婚儀の取り仕切りが初仕事です。時宗は固辞しますが、時宗に執権としての修行を積ませたいわけです。

弟の福寿丸は元服の儀を約束し、兄の時利には新しい名「時輔」を与えます。時宗を助けるという意味の名に、時利を担ぎ上げ謀反を企むのを防ぎたい時頼の思惑が見え隠れします。「利」の諱の元となる足利利氏も頼氏と改名するとかで、気遣いはいらないと時頼。しかし時宗は、隠居した時頼が幕府内のみならず有力御家人の足利にまで口を差しはさむ現状に激しく反発します。時利はムッとしたまま改名を受け入れます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(07)執権修行"

| | コメント (0)

2022年7月 8日 (金)

プレイバック北条時宗・(06)博多恋心

北条時宗の船の旅、その最中に突然海賊の船団が謝 国明の船を取り囲みます。居眠りをしていた北条時頼は時宗の叫びで飛び起きますが、自身も初めての経験でなす術がありません。謝 国明は、おとなしく捕らわれの身となるか潔く戦うかの二者択一を時宗に迫ります。捕らわれるのはいやだと言う時宗にその覚悟を見た謝国明は、刀を時宗に手渡します。

そうしている間にも海賊たちはカギナワを使って謝 国明の船に乗り移ってきます。海賊の頭領らしき大男が時宗の前に立ちはだかると時宗は刀で応戦しますが、たちまち刀を取り上げられてしまいます。大男は時宗に切りつけようと刀を目の前に振りかざしますが、じっと耐える時宗を見てガハハと笑います。「なかなかみどころのある小童(こわっぱ)じゃ……佐志 房じゃ」

続きを読む "プレイバック北条時宗・(06)博多恋心"

| | コメント (0)

2022年7月 5日 (火)

プレイバック北条時宗・(05)波乱の旅

父・北条時頼に連れられての旅に出発する北条時宗。母・涼子に出立の挨拶をしますが、なぜ父に従って旅に出なければならないのか納得できないようで、ちとふてくされた感じを出しますが、今回の旅で執権を継ぐ決心を付けてくるように心得を示し、必ず無事に戻って参れと 最後には時宗を“後継者として”送り出します。

時頼が不在となれば幕府として何かと不都合と北条政村は異を唱えますが、北条長時に執権職を譲ったのだし、政村はそれを補佐する連署として君臨していれば何の問題もないわけです。そこへ安達泰盛が同行を志願。評定衆の泰盛は、自分が不在の幕府運営よりも時頼父子に何かあった時の方が恐ろしいわけです。松下禅尼や梨子、祝子、そして兄の北条時利にも見送られながら時宗は力強く歩き出します。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(05)波乱の旅"

| | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

大河ドラマ鎌倉殿の13人・(26)悲しむ前に ~頼朝の後継争い勃発 鎌倉分裂危機~

意識を失って落馬した源 頼朝は、鎌倉御所で薬師の手当てを受けます。うっすら汗をかいているのが生きようとしている証としつつも、神仏の力をもってしてもあと数日の命との宣告を受け、言葉を失う北条一門。北条義時は、速やかに次の政の形を作るために頼朝の危篤を伏せ、畠山重忠や梶原景時には落馬を目撃したすべての人間を捕らえるように頼みます。数々の苦難を潜り抜けてきた頼朝が、と景時は険しい表情です。

──武家の棟梁の落馬。頼朝の命と共に、鎌倉殿の権威が消え去ろうとしている。主人を振り捨て、鎌倉が暴れ始める──

続きを読む "大河ドラマ鎌倉殿の13人・(26)悲しむ前に ~頼朝の後継争い勃発 鎌倉分裂危機~"

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

プレイバック北条時宗・(04)反抗

執権・北条時頼が流行病に罹ってしまいます。時頼は息も絶え絶えに正寿丸に北条得宗家を継ぐ覚悟を求めますが、6歳の正寿丸にはとても無理な話で泣きじゃくりながら首を横に振るばかり。時頼はそれにかまわず、政治に迷った時は政治の表も裏も知り尽くした北条重時(時頼の大叔父)に、一門にもめ事が起こった時は北条政村(重時の弟)に相談せよと伝えます。

さらに、戦が起こったら安達泰盛を、人の気持ちに迷ったら知恵袋の北条実時を、政治家として進むべき道に迷ったら謝 国明をそれぞれ頼れと言います。そして最後に「母上を頼む」と言うのですが、正寿丸は涼子から、得宗家を継げばいいがお前を亡きものとみなす という厳しい言葉がかけられていて、正寿丸としては、父の思いと母の思いのどちらを受ければ良いか子どもながらにおおいに迷うところであります。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(04)反抗"

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »