« プレイバック北条時宗・(14)兄の追放 | トップページ | プレイバック北条時宗・(15)母上ご乱心 »

2022年8月 7日 (日)

大河ドラマ鎌倉殿の13人・(30)全成の確率 ~奇跡呼ぶ実衣との絆~

蹴鞠の指南役・平 知康が京に戻ると知り、北条時連はとても寂しそうです。知康は、「連」の字が品が悪いので改名するように助言します。父がつけてくれた名でも京で活躍したいことを考えれば、検討する余地はありそうです。別れ際、時連は思いきり鞠を蹴飛ばして、知康の頭にぶち当ててしまいますが、頭を押さえてかがんだ知康の目の前にあったのは、阿野全成が回収し忘れた呪詛の人形です。

──北条と比企の対立を乗り越えようとする頼家たち。鎌倉に平穏が訪れようとしていたそんな時、頼家が病に倒れる──

呪詛に使った人形は、比企能員を経由して頼家本人に渡ってしまいました。頼家の急な病も恐らくはこれのせいと言ってもいいかもしれません。犯人捜しをせずとも、呪詛というものに関われる者は全成を置いて他にはいません。にわかに信じられない頼家ですが、決めつけるのは早計と大江広元は本人に確認するように進言します。

 

広元は北条義時を訪ね、呪詛の人形が見つかったこと、頼家は全成を疑っていることを伝えます。かといって、全成の独断で仕組んだとも考えにくく、比企との争いを考えれば北条時政が命じたと推測する広元です。義時は、時政が関わっているのかという広元の単刀直入のお尋ねに、私にはわかりませんとしか返せません。「この一件で足をすくわれることのないように」

義時は全成の居室に向かい、広元からの情報を確かめます。体を震わせ、ひきつった笑みを見せながら「勘弁してください」と答える全成ですが、その挙動から関わりがあるのは見ていてわかります。近々、頼家の呼び出しがあるはずですが、義時は全成に決して認めてはならないとくぎを刺します。義時が去った後、来たのは頼家ではなく側近の比企時員でした。全成の館を捜索するのです。

館から呪詛の人形やのみが見つかり、人形に張り付けた紙の字体までそっくりです。それでも全成はあくまで自分がやったことではないと言い張ります。能員はそんな全成を連れて行き、暴行して吐かせようとしていますが、なかなか口を割りません。義時は能員に、それなりの礼を持つよう忠告します。今や頼朝のたったひとりの弟なのです。しかし、全成ひとりのしわざではないと能員も疑っています。

「ご自分のしたことが分かっているのですか!」 義時に問い詰められた時政は正直に白状して全成を許してもらおうとします。それこそ北条を潰したい比企の思うつぼです。戦の構えを見せ、戦にならないように他の御家人たちに声をかけて仲裁してもらうのです。そして実衣が全成をたきつけたことにして、北条政子の屋敷にかくまってもらいます。時政は何もせず館にいるように義時に強く静止されます。

実衣と政子とは、頼朝が亡くなってから疎遠になっているようです。政子の屋敷に向かうことに実衣は抵抗しますが、比企も容易く手出しできない場所は政子の屋敷以外にはありません。実衣は諦めて政子の屋敷に向かいます。対面したふたりはどこかぎこちない感じですが、「あなたは私が守ります」という政子の力強い言葉に、涙目になっている実衣です。

 

義時と畠山重忠は三浦義村と和田義盛に声をかけ、命乞いのための署名集めを依頼します。梶原景時の時と逆をやるわけです。義時が危惧しているのは、比企の思いひとつで全成が処刑されてしまうことであり、それを阻止しなければなりません。義村はニヤリとして、あとはまかせろ! と答えます。俺は北条派だと義盛は言いますが、今のところは だぞ、と横から口をはさむ義村です。

比奈は久々に比企屋敷に向かいます。今回の件で比企と北条が争うようなことにならないかを能員に尋ねに来たわけです。頼朝肝いりの、比企と北条の架け橋を自負する比奈ですが、そこに戦の支度が整ったとの報告が上がってきました。「もし戦になれば、北条の者は全て滅ぼす」 目を見開く比奈に、比企に生まれ比企で育ったことを忘れないように、と能員は比奈を説きます。

頼家の命で、聴取のために実衣を呼ぶように遣わされた時員たちを頼時が阻みます。それでも引き渡しを要求する時員に立ち向かったのは大御台の政子でした。話を聞きたいのなら頼家自らここに来るように言いますが、側近たちは納得しません。政子は半ば呆れながら扉を開くと、中から武装した仁田忠常が出て来ました。刀を持ち「来るなら来い!」と構えると、側近たちはじりじりと引いていきます。

頼家の前に座す義時と政子は全成の無実を訴え、さらに御家人たちからも助命を求める署名が広元から提出されますが、能員は全成がやったことは明白と動じません。義時は、誰か御家人が力を持ちすぎると鎌倉のためによくないと主張するのですが、イライラしていた頼家はふたりを止めます。政子に免じて実衣の罪は不問とし、全成は常陸国への流罪を言い渡します。

裁きが終わり、全成と実衣はようやく会えました。常陸国は鎌倉からもほど近く、しかも流罪の期間は半年ぐらいだろうと義時が言っていたので、来年の正月には一緒に過ごせそうです。父上が許せないと涙を流す実衣に、呪詛をしたのは紛れもない事実なのだからとニッコリする全成です。「誰も……恨んではいけないよ」

時政もこっそりと牢獄の全成を尋ねに来ました。時政は全成の手を握り、余計なことを頼んでしまったばかりに……と言いますが、全成は首を横に振って時政を安心させます。

 

所領の再分配について御家人たちから不満の声が上がります。そもそも土地は先祖代々受け継ぎ、さらには武功で得るもので、命より大事なわけですが、それを召し上げて分配すれば不満が出るのは当たり前です。そう指摘する能員に頼家は、わずかな者だけに富が偏るのはよくないと能員が持つ上野の所領をすべて献上するよう命じます。他の御家人に手本を示せと言われ、能員は大声を出して悔しがります。

のんきに時連と双六をして遊んでいる時政に、りくは御所に行くように促しますが、しばらくおとなしくしていろと義時に強く言われたようです。時連は改名を時政に報告します。頼家から「時房」という名をもらったのですが、三浦からもらった「連」の字は時政も気に入っていなかったようで、「早く言ってほしかった」と愚痴をいう時房です。

能員は全成を常陸国に訪ねますが、頼家の怒りが大きく許してくれないだろうとした上で、実衣が危機にさらされていると言います。驚く全成に能員は袋を投げ渡します。中にはのみと角材が──。頼家も幼いころは良い子だったのですが、ここのところ扱いづらいのが正直なところです。実衣をダシに呪詛せざるを得ないように能員が追い込んだのです。「くれぐれも人に見られるな」

しかし、全成の企てはすぐに露見します。厠に長く籠る全成を疑い八田知家の家人が踏み込んでみると、頼家の名が書かれた人形があったそうです。恩を仇で返すとはこのこと! と能員はわざとらしく声を荒げ、首を刎ねる! と激怒する頼家ですが、頼家自ら手を煩わすことはないと、知家が討ち取ってくると全成のところに向かいます。

草むらに捕縛された全成が連れ出されます。全成が一心に呪文を唱えると、急に暗闇になり風が吹き荒れ始めます。大雨になり、それでも読経を止めない全成の首を刎ねようと知家の家人が刀を振り下ろしますが、全成は落雷と共に吹き飛ばされます。臨! 兵! 闘! 者! 皆! 陣! 烈! 在! 前! と空を切り、座り直した全成に向けて、知家が刀を抜きます。

 

義時が2度目の呪詛を知ったのは、知家が鎌倉から常陸へ向かった後でした。申し訳ないと頭を下げる義時に、実衣は全成の最期を教えてほしいとせがみます。知家が「悪禅師全成、覚悟」と全成を斬ったとき、嵐は止み青空が広がったそうです。醍醐寺で20年修行を積んだ全成に力があったことは、実衣はよく分かっていました。「やってくれましたね、最後の最後に」 実衣は号泣します。

去っていく義時を引き止め、政子はいつまでこんなことが続くのかと義時を責めます。私に言わないでくださいと冷たく言い放つ義時ですが、なんとかなさい! と命じる政子に「一体何ができるというのですか!」と珍しく声を荒げます。それでも、考えなさいと食い下がる政子を置いて、義時は去っていきます。

蹴鞠をする頼家ですが、鞠を手に取った時、首桶を開けて見た時の刎ねられた全成の首を連想してしまい、一瞬思考が止まります。頼家も、己の命令がこういう結果になったと、ショックだったようです。そしてそのころ、自邸に戻った義時は比奈を呼び、比奈も覚悟を持って義時の前に座ります。「お前に伝えておくことがある」

 

「全成どのに呪詛の道具を渡した者がいます」と義時は能員に伝えます。しらを切る能員ですが、今最も頼家に死んでもらいたいのは能員だと指摘します。頼家に従えば所領は減り、断れば今の立場が危うい。意のままにならない頼家にもはや用はない。「もうよい」と踵を返す能員ですが、背後には善児が刀を持って控えていました。

能員に言わせれば、頼家にとってただの乳母父に過ぎませんが、頼家嫡男の一幡が継げば鎌倉殿の外祖父となり、朝廷とも渡り合えるし、上洛して京で暮らせば武士の頂きに立てます。義時に助勢を求める能員ですが、即座に断られます。これまでのような悲劇を繰り返さぬためには、頼家の下で悪い根を断ち切る必要があります。「比企どのには、鎌倉から出ていってもらいます。必ず」

まずは頼家に報告するという義時は、頼家に聞いてもらうべく来てもらっています。義時は頼家に声をかけますが反応がありません。扉を開けても誰もいません。愕然とする義時です。一気に形勢は逆転し、能員は「しくじったか。ツメが甘いのう」とニヤリ。しかし事態はもっと悪い方に動いていました。駆け付けた時房が義時に報告します。「鎌倉殿は……お倒れになりました!」


作:三谷 幸喜
音楽:エバン・コール
語り:長澤 まさみ
題字:佐藤 亜沙美
──────────
小栗 旬 (北条義時)
小池 栄子 (政子)
坂口 健太郎 (北条頼時)
瀬戸 康史 (北条時連)
堀田 真由 (比奈)
中川 大志 (畠山重忠)
──────────
山本 耕史 (三浦義村)
市原 隼人 (八田知家)
横田 栄司 (和田義盛)
堀内 敬子 (道)
新納 慎也 (阿野全成)
宮澤 エマ (実衣)
小林 隆 (三善康信)
──────────
佐藤 二朗 (比企能員)
梶原 善 (善児)
栗原 英雄 (大江広元)
坂東 彌十郎 (北条時政)
宮沢 りえ (りく)
──────────
制作統括:清水 拓哉・尾崎 裕和
プロデューサー:大越 大士・橋本 万葉
演出:吉田 照幸

|

« プレイバック北条時宗・(14)兄の追放 | トップページ | プレイバック北条時宗・(15)母上ご乱心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック北条時宗・(14)兄の追放 | トップページ | プレイバック北条時宗・(15)母上ご乱心 »