« プレイバック徳川家康・(50)泰平への祈り [終] | トップページ | 大河ドラマどうする家康・(49-1)総集編第一章 始まりのとき ~全48話を4部に凝縮! 激動生涯高速振り返り 乱世の強者信玄、信長、秀吉、三成そして茶々 桶狭間関ケ原大坂の陣 九死に一生の逆転人生 妻子失う苦難乗り越え 白兎から天下人へ覚醒 皆のおかげじゃ家臣団 えびすくいも見納め! 語りは大鼠松本まりか~ »

2023年12月17日 (日)

大河ドラマどうする家康・(48)神の君へ [終] ~大坂炎上! さらば家康~

人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し──。遠き道の果てはまた、命を賭した戦場にございました。

二条城で徳川家康の出陣の世話をする阿茶局。死期を悟ったのか、最後かもしれないと 家康は阿茶に言いたいことがあるなら今のうちだと話しかけますが、阿茶は「ありませぬ。私は最後だと思うておりませぬので」とムッとします。しかし次の瞬間、あの話を聞きたいとせがみます。それは松平信康と五徳の婚約の際に出てきた「鯉」の話です。

そのころ大坂城では、悲報が次々と舞い込んでいました。後藤又兵衛が討ち死にし、長曾我部盛親は戦に敗れて行方知れず。それを聞いていた真田信繁は、亡き父・真田昌幸との囲碁対決のことを思い出していました。碁石を勝手に取り上げ、卑怯な戦法で進めたのです。「戦とは汚いものよ。戦とはひっくり返せる時が必ず来る。信繁、愉快な乱世を泳ぎ続けろ」

そして家康が自ら戦陣に立って出てきたと知らせが舞い込み、信繁はニヤリとします。これが父の言っていた“ひっくり返せる時”なのかもしれません。我らが勝つ手立ては、恐ろしい化け物の首を取ること──。豊臣秀頼も茶々も、そして千姫も、牢人たちを叱咤して士気を高めます。

天王寺口の徳川本陣に家康が入ります。家康は馬印「金扇馬標」を敵からよく見える位置まで出させます。真田勢は、その扇を目がけて突撃していきます。馬防柵も力でなぎ倒し、本陣になだれ込みます。扇は倒れ地面に叩きつけられます。本陣で護衛にあたる兵たちは真田勢に向かっていき、家康の周りには兵がほとんどいなくなってしまいます。

「家康はここじゃ!」との声に、信繁が陣幕をはいでみると、家康が立っていました。さあ来い! ともに行こうぞ! と煽る家康に、真田勢は家康目がけて進んでいきますが、護衛の兵が集まってきて信繁はなかなか先に進むことが出来ません。「乱世の亡霊たちよ……わしを連れていってくれ……」

家康の目前にまで迫った信繁でしたが、家康の首を挙げることは叶わず。しばらく経つと、無数の兵士の遺体が散らばるところに、信繁が首から下げていた六文銭が転がっていました。家康と行動を共にしている本多正信は「また生き残ってしまいましたなぁ」と疲れ果てています。大坂城の天守閣が炎に包まれ、いよいよ乱世が終わるかと家康と正信は万感の思いで見つめています。

 

秀頼たちは大坂城の山里曲輪に避難しています。茶々は千姫に城を出るよう勧めますが、秀頼と茶々が城に残ると悟った千姫は、涙ながらに抵抗します。千姫は秀頼のもとに駆け寄り、一緒に城を出ることを提案しますが、「余は最後まで豊臣秀頼でありたい」と拒絶します。茶々は千姫を常高院(初)に託します。

徳川本陣にたどり着いた千姫は、家康の前で土下座して茶々と秀頼の助命を嘆願します。徳川秀忠は千姫を諭しますが、愛娘の千姫には相手にされず、秀忠は少しだけショックです。なおも懇願し続ける千姫に、家康は厳しい表情を向けます。家康が言いにくそうにしていると、秀忠が立ちはだかります。「将軍として命を下す。秀頼には死を申し付ける!」

鬼じゃ! と千姫は狂乱し、秀忠につかみかかります。豊臣の天下を盗み取っておきながらこの仕打ち、と千姫は言いたいわけですが、この結末は秀頼自身が選んだことだと常高院が諭します。千姫は泣き叫びながら、侍女たちに連れ出されてしまいます。常高院もその後を追いかけ、秀忠たちも本陣から出ていって一人になった家康は、城に向かって手を合わせます。

山里曲輪では炎に包まれる中、秀頼が自害して果てます。その一部始終を見届けた茶々は秀頼の遺骸を抱き、涙を流します。牢人たちが次々と自害していき、「豊臣は人々の心に生き続ける!」と宣言した大野治長も切腹します。茶々は治長にとどめを刺し、倒れ込んだ治長をしっかりと抱き止めます。

 ひとり残された茶々……。立ち上がった茶々はニヤリとし、日本の今後はつまらない国になると吐き捨てます。「正々堂々と戦うこともせず、万事長きものに巻かれ、一目ばかりを気にし、陰でのみ妬みあざける。この国の荒れ野を駆け巡った者たちは……もう現れまい」 茶々は、ようやりました──。そう言って首に刀を当て、果てます。茶々の姿が炎の中に消えていきます。

 

かくして、天下太平 戦なき安寧の世が訪れたのでございます。すべては神の君のおかげ。我らは有象無象の声に惑わされることなく、正しく君の遺業を伝えてゆかねばなりませぬ。家臣たちの手で家康エピソードが集められますが、ダメ! と却下するのは南光坊天海。稲の、鳥居元忠との別れの盃のエピソードには、ニッコリ微笑みます。「そういうの。こういうやつをもっと集めよ」

その様子を見に来た秀忠は、人は間違ったり過ちを犯したりするもので、立派な逸話だけ残すのはどうかと難色を示します。天海は「源氏物語」や「吾妻鏡」を手に取りながら、狡猾で恐ろしいタヌキと憎悪する者も多い中で、かの源 頼朝も本当はどんな人間だったか分からず、周囲の人たちが語り継いだからこそ全ての武家の憧れなわけです。

すべては天が私たちにお授けくださった神の君が、この金色の具足をまとったその日から、天下太平のためまい進してくださったおかげでございます。我らはそれを受け継ぎ、未来永劫 徳川の世を守ってゆかねばならぬのです。若君ならばできまする! 竹千代さまには偉大なる神の君の血が受け継がれておられるのですから。金陀美具足に向かって語り掛けるのは、福(春日局)です。

福は、後方で話を聞いている竹千代(徳川家光)に念押ししますが、返事がありません。気になって振り返ると竹千代は廊下で絵を描いていました。「神の話なんぞ聞きたくないや」と去っていく竹千代は、正信にその絵を渡します。そこにはタヌキともキツネとも似つかぬ動物があぐらをかき、座っている様子が描かれていました。「やはり面白き若君でございますなぁ」

福は阿茶が現れると駆け寄って、沈鬱な面持ちで家康の病状について尋ねますが、あまり良いとは言えません。阿茶は竹千代と福がわざわざ江戸から駿府へ見舞いに来てくれたというのに、申し訳ないと恐縮します。その家康の世話は阿茶がすべてを引き受けているのですが、粗相があったり急変したりして処罰されるのを、若い者たちが恐れているのです。

正信は家康の枕元に向かい、胡散臭く、無責任な進言をする“イカサマ野郎”とまで言われた自分を、重用してくれたことに感謝します。偉大な神の君、狡猾で恐ろしいタヌキ、どちらにしても家康は、人に畏れられる“人ではない”ものになったわけです。悲観する阿茶は、幸せだったのかと涙を浮かべます。「本当に欲しかったもの、ずっと求めていたものは……」と、正信は家康の居室に向かって手を合わせます。

 

元和2(1616)年4月17日。起き上がって木彫りする家康ですが、ふすまの戸が開くと瀬名と松平信康が現れます。あまりの展開に、家康は木彫りの人形を落とすほど衝撃を受けます。ずっと隠れていたようですが、瀬名も信康も姿かたちは亡くなった時のままです。戦のない世を成し遂げた、立派だと二人が称えますが、家康としては立派なことなどしていないのです。「やってきたことはただの人殺しじゃ」

竹千代がやってきて、上手に描けたと紙を置いて行きます。瀬名は初めて会った時の誰かにそっくりだと微笑みます。竹千代が鎧をまとい戦に出ずに済む世の中──竹千代のままで生きていける世の中を、家康が生涯をかけて成したのは、やっぱり立派です。竹千代が描いたウサギの絵を見て瀬名は笑います。「見抜かれているかもしれませぬな。あなたがタヌキでもなければ、ましてや神でもないということを」

 

家康を起こしに来たのは、元忠と平岩親吉です。信長の娘・五徳と信康の婚儀の日、若き竹千代(信康)が逃げ回り、酒井忠次の妻・登与が追いかけまわしています。元忠は、祝いのために先日信長から贈られた鯉がいなくなったと報告します。そういえば木下藤吉郎は、織田徳川両家の絆と繁栄の証と言って届けた時、「万が一、鯉の身に何かあったらそン時ゃどうなるか、わしゃ知らんで」と言っていました。

大久保忠世は、骨だけになった魚を見つけてきますが、忠次や石川数正でさえ狼狽(うろた)えるほどの展開です。驚くべきことに、もうまもなく五徳が到着し、なぜか信長も同伴しているらしいのです。さらに驚愕なのはその信長が、贈った鯉を見るのを楽しみにしているらしいことです。ピンチの三重奏……どうする家康?

家康は残された時間を“だれが食べたか”探索に懸けます。忙しなく動き回る於大に尋ねても、厨(台所)の女たちに尋ねても知らず。厨に落ちていた本多家の笄(こうがい)を頼りに、家康は本多忠勝と榊原康政を問い詰めますが、庭で槍の稽古をしていただけだし、本多家は忠勝だけではないとかばい立てする康政は、忠勝の叔父・本多忠真と夏目広次が昨晩遅くまで酒を飲んでいたことを伝えます。

家康は“夏目広信!”と名前を間違える相変わらずの安定さですが、あぜ豆をつまみにちびちび酒を飲んでいただけと弁解し、笄の持ち主である忠真は、厨には水を飲みに行っただけだと主張しますが、酒を断ったと言いつつ酒に酔っている忠真は、問い詰めてきた相手を家康ではなく親吉と間違えて、広次に突き飛ばされます。ついでに言うと、突き飛ばしたのも広次ではなく忠勝と勘違いしているようです。

“鯉に目がない人”と言われて、家康は鳥居忠吉を呼んで事情を聴きます。あの宝物は食わない! と主張しながら、ハッキリしない態度に家康は刀を振り上げます。忠吉は家康の前に背中を見せてドンと座り、誰かが責めを負わねばならぬなら、老いぼれをお手討ちを! と迫ります。やがて五徳一行が到着し、家康は悔しい表情を浮かべながら振り上げた刀を下ろします。

大事な家臣を鯉と引き換えにはできない──。信長には正直に言うしかないと、家康は覚悟を固めます。信長の逆鱗に触れる恐れもありますが、そんな相手であればこの縁組はこちらから願い下げです。「鯉は所詮鯉じゃ。食うて何が悪い」 家康の言葉に、家臣一同はホッと胸をなでおろします。殿よりお許しが出たぞ、と於大は厨の女たちも呼び、鯉の刺身を持ってきました。

どうやら家臣たちが謀った戯れだったそうです。今から信長に謝るのは自分だと家康は腹を立てますが、信長は美濃攻めで多忙を極めており、ここに来るはずがないと忠次は笑います。しかし一歩間違えれば忠吉はお手討ちにされていたわけですが、家臣たちはみな、家康は斬らぬと分かっていたのです。何もかも殿のおかげとみな頭を下げ、家康に礼を言います。「こちらこそじゃ。心より感謝申し上げる」

 

「お幸せでございますな、殿」 手をつき涙ぐむ家康に、瀬名は声をかけます。鯉事件のことを思い出してフッと笑みを浮かべた家康は、そのまま息を引き取ります。

 

作:古沢 良太

 

音楽:稲本 響

語り・福:寺島 しのぶ

[出演]

松本 潤 (徳川家康)

 

有村 架純 (瀬名)

 

大森 南朋 (酒井忠次)

山田 裕貴 (本多忠勝)

杉野 遥亮 (榊原康政)

音尾 琢真 (鳥居元忠)

小出 伸也 (大久保忠世)

岡部 大 (平岩親吉)

波岡 一喜 (本多忠真)

甲本 雅裕 (夏目広次)

細田 佳央太 (松平信康)
木村 昴 (渡辺守綱)

猫背 椿 (登与)
鳴海 唯 (稲)

尾上 眞秀 (竹千代(信康))
松岡 夏輝 (五徳)

小野寺 ずる (お杉)
白神 美弥妃 (お梅)
いとう まい子 (お竜)

 

松嶋 菜々子 (於大の方)

 

イッセー 尾形 (鳥居忠吉)

鈴木 杏 (常高院(初))

柴田 理恵 (団子売りの老婆)

松本 若菜 (阿茶局)

森崎 ウィン (徳川秀忠)
井上 祐貴 (本多正純)
潤 浩 (竹千代(家光))

石田 剛太
酒井 善史

劇団東俳
テアトルアカデミー
舞夢プロ
古賀プロダクション

キャンパスシネマ
アールジュー
JAE
クロキプロ

劇団ひまわり
宝映テレビプロダクション
ミライ・ピクチャーズ
レイ・グローエンタテインメント
リバティー
キャスティ

 

小栗 旬 (南光坊天海)

 

岡田 准一 (織田信長)

阿部 寛 (武田信玄)

 

作間 龍斗 (豊臣秀頼)
原 菜乃華 (千姫)

日向 亘 (真田信繁)
菅原 卓磨 (毛利吉政)

東山 龍平 (大谷吉継)
小島 久人 (明石全登)

 

北川 景子 (茶々)

 

ムロ ツヨシ (木下藤吉郎)

玉山 鉄二 (大野治長(修理))

松山 ケンイチ (本多正信)

松重 豊 (石川数正)

 

佐藤 浩市 (真田昌幸)

 

テーマ音楽演奏:NHK交響楽団
テーマ音楽指揮:尾高 忠明

人物デザイン監修:柘植 伊佐夫
タイトルバック映像:菱川 勢一

題字:GOO CHOKI PAR
グラフィック:髙橋 まりな

 

時代考証:小和田 哲男
    :平山 優
    :柴 裕之

風俗考証:佐多 芳彦
建築考証:三浦 正幸

古文書考証:大石 泰史
資料提供:原 史彦

資料提供:市橋 章男
    :小和田 泰経
    :小川 雄

芸能指導:友吉 鶴心
所作指導:花柳 寿楽

アクション:諸鍛冶 裕太
武術指導:松本 真治

馬術指導:田中 光法
書道指導:金敷 駸房

三河ことば指導:柴田 浩味
尾張ことば指導:早川 剛史

京ことば指導:加藤 まゆ美
日本画指導:山口 美波
囲碁指導:田尻 悠人

 

制作統括:磯 智明
    :村山 峻平

プロデューサー:堀内 裕介
       :国友 茜
美術:山田 崇臣
技術:久野 裕大

音響効果:島津 楽貴

撮影:山口 卓夫

照明:牛尾 裕一
音声:大宅 健司

音楽録音:高橋 清孝
映像技術:金丸 岳生
カラーグレーディング:関口 寛子

VP統括:加藤 拓

VFXコーディネーター:石原 渉
VFXスーパーバイザー:髙松 幸広

VPプロデューサー:結城 崇史
VP制作:池田 光矢

制作担当:山田 由紀子
助監督:吉田 望

編集:大庭 弘之
記録:武田 朝子

映像デザイン:荒川 靖彦
美術進行:高橋 秀樹

装置:木ノ島 勲
装飾:内藤 朋実

衣裳:斉藤 隆
メイク:渡辺 昌晴

かつら:香月 美穂
特殊メイク:江川 悦子

演出:村橋 直樹

忠次を中心に、伝説「海老すくい」の踊りが披露されています。そして今日の主人公・竹千代(信康)と五徳がその輪の中心に招かれ、一緒になって踊っています。縁側でゆっくりと杯を傾ける家康と瀬名は、まるで戦がないみたいで、こんな良き日は二度とないと笑顔です。家康が成し遂げたい世の中は、今日のような日の世です。

 

家康は、自分には無理だと謙遜します。瀬名も、ただの白兎だからと笑いますが、家臣たちを見ていると、そんな世の中が来るような気がするのも確かです。「わしは信じるぞ。いつかきっと、そんな世が来ると。いつか……きっと……」

──完──

|

« プレイバック徳川家康・(50)泰平への祈り [終] | トップページ | 大河ドラマどうする家康・(49-1)総集編第一章 始まりのとき ~全48話を4部に凝縮! 激動生涯高速振り返り 乱世の強者信玄、信長、秀吉、三成そして茶々 桶狭間関ケ原大坂の陣 九死に一生の逆転人生 妻子失う苦難乗り越え 白兎から天下人へ覚醒 皆のおかげじゃ家臣団 えびすくいも見納め! 語りは大鼠松本まりか~ »

NHK大河2023・どうする家康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイバック徳川家康・(50)泰平への祈り [終] | トップページ | 大河ドラマどうする家康・(49-1)総集編第一章 始まりのとき ~全48話を4部に凝縮! 激動生涯高速振り返り 乱世の強者信玄、信長、秀吉、三成そして茶々 桶狭間関ケ原大坂の陣 九死に一生の逆転人生 妻子失う苦難乗り越え 白兎から天下人へ覚醒 皆のおかげじゃ家臣団 えびすくいも見納め! 語りは大鼠松本まりか~ »