2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

カテゴリー「NHK大河2011・江」の51件の記事

2011年12月30日 (金)

(47-4)総集編第四章・三姉妹の絆 〜大坂城炎上!〜

(40)親の心
江(上野樹里)は、8歳になる長男・竹千代が病弱に育ったのは福(富田靖子)のせいではと思い悩む。そんな母をけなげに励ます聡明な次男・国松が、江にはいとおしくてならなかった。一方、大坂では淀(宮沢りえ)が、秀頼(太賀)と側室の間に生まれた子・国松をことのほかかわいがり、常高院(水川あさみ)は、家族の輪に入れずにいる千(忽那汐里)をふびんに感じていた。
秀頼との対面以来、家康(北大路欣也)は大坂城を取り囲むように築城を行っていた。豊臣との戦に備えるかのような父の動きを、秀忠(向井理)は不快に感じるが、いまだ実権を握る大御所に苦言を呈することもできない。
江戸城内で、江の国松溺愛を察した家臣たちから「世継ぎは国松」といううわさがささやかれ、焦った福はなんと自ら駿府に出向き、「竹千代を世継ぎに」と家康に直訴する。ほどなく江戸に現れた家康に「世継ぎは竹千代」と告げられ、江は激怒し家康に詰め寄る。家康は、むしろ跡継ぎをめぐって家中が乱れている状況を嘆き、秀忠の将軍としての自覚を促す。しかし、跡継ぎ問題は解決せず、城内では、国松を推す江と、竹千代ひとすじの福との争いが続いていた。そんな折、大姥局(加賀まりこ)が病に倒れる。大姥局は、秀忠に父子でよく話し合うよう忠告。江には「何があろうと、母が子を諦めてはならない」という言葉を残す。

続きを読む "(47-4)総集編第四章・三姉妹の絆 〜大坂城炎上!〜" »

(47-3)総集編第三章・待望の嫡男

(30)愛しき人よ
文禄4年(1595)、江(上野樹里)は徳川家に嫁いできたものの、夫・秀忠(向井理)との関係は最悪。亡くなった前夫・秀勝(AKIRA)の遺品や娘・完との思い出の品を取り出しては嘆き悲しむ日々を送っていた。そんな2人の状況を知らず、嫡男を期待する家康(北大路欣也)。それに対し、秀忠は平然と「励んでおります」と答え、江はあぜんとする。そんな江のもとを、初(水川あさみ)が訪ねてくる。悩みを聞いてほしい江だったが、初のほうが泣き出してしまう。夫・高次(斎藤工)が側室を持ち、その間に男子ができたのだ。結局、初はさんざん愚痴をこぼした後、すぐに高次のもとへ帰っていった。
そんな折、秀吉(岸谷五朗)が病に伏せっているとの知らせが届く。秀吉へのわだかまりがとけない江は、病状が気になるが、会いには行けず文を書く。秀吉も江のことを気にしていた。「元気になって会いに行けばよい」という淀(宮沢りえ)の言葉が効いたのか、程なくして秀吉は回復する。
江と秀忠の関係は変わらぬまま、嫁いで10か月がたった文禄5年(1596)夏。ついに江は、秀忠に離縁を申し出る。深夜、床に就いた江の耳に叫び声が聞こえてきた。外へ出ると、もうもうと煙が。火事だ。秀勝の形見を取りに行った江は、火と煙に包まれ、死を覚悟する。そこに、「江!」と叫んで飛び込んでくる声が聞こえた。秀忠だった。

続きを読む "(47-3)総集編第三章・待望の嫡男" »

2011年12月29日 (木)

(47-2)総集編第二章・三度(みたび)の結婚

(11)猿の人質
天正11年(1583)4月、北庄城が炎に包まれ落城。江(上野樹里)たちは、母・市を亡くす。市が自害したことは、秀吉(岸谷五朗)にとっても衝撃だった。茶々(宮沢りえ)、初(水川あさみ)は父母を殺した秀吉を生涯許さぬと宣言。さらに、江に「猿!」と食って掛かられた秀吉は、その背後に信長の亡霊を見て、恐れおののく。
その後、三姉妹は秀吉の人質として安土城へ。そこで、おね(大竹しのぶ)に、京極龍子(鈴木砂羽)を紹介される。龍子は父・長政の姉である京極マリアの娘で、江たちとは従姉妹。しかし、龍子は夫を秀吉に殺されながらも秀吉の側室となっていた。そのうえ、秀吉のことを優しい人と語る龍子を信じられず、三姉妹は激しい嫌悪感を覚える。続いて三姉妹は千宗易(石坂浩二)とも対面。江たちの胸中をおもんぱかった宗易の深い配慮と言葉に触れ、母を亡くした悲しみがこみ上げてくる。そんなとき、秀吉の工作により、織田信孝(金井祐太)が自害。織田信雄(山崎裕太)は、家康(北大路欣也)に秀吉の天下取りを阻止するため、共に戦を仕掛けようと話を持ちかける。
一方、安土城では三姉妹が久しぶりに秀吉と再会。秀吉は、美しい着物をまとった茶々の美貌に心奪われる。そんな秀吉の邪心にいち早く気づいた江は、秀吉から姉上を守ると宣言する。

続きを読む "(47-2)総集編第二章・三度(みたび)の結婚" »

(47-1)総集編第一章・戦国三姉妹 〜母との別れ〜

(01)湖国の姫
織田信長(豊川悦司)の妹で絶世の美女・市(鈴木保奈美)には三姉妹の娘がいる。長女・茶々(宮沢りえ)、次女・初(水川あさみ)、そして三女・江(上野樹里)。しかし、江には父の記憶がない。
時はさかのぼり永禄11年(1568)初夏。上洛をもくろむ信長の命で、市は北近江小谷の浅井家に嫁ぐ。そんな市への恋心を露骨に語る秀吉(岸谷五朗)に、妻・おね(大竹しのぶ)はあきれるが、愛する兄のため捨て石となる市の覚悟に心を痛めるのだった。初めは望まぬ婚姻だったが、琵琶湖を望む美しき小谷の地で、市は不思議な魅力を放つ名将・浅井長政(時任三郎)と恋に落ち、やがて茶々、初が誕生する。しかし、織田家と浅井家の幸せな関係は長くは続かなかった。兄と夫のはざまで苦悩する市は、長政の妻として生きることを決意。両家は全面戦争に突入する。
3年に及ぶ戦の果て、信長軍が優勢となり、市は自らに宿った新たな命と共に死を覚悟する。しかし、幼き茶々(芦田愛菜)は、子を産んでほしいと涙ながらに訴える。やがて秀吉率いる織田軍に包囲された小谷城に産声が響き渡り、湖国の姫・江が誕生する。しかし、それは父・長政との別れの時だった。

続きを読む "(47-1)総集編第一章・戦国三姉妹 〜母との別れ〜" »

2011年11月27日 (日)

(46)希望 [終] 〜数奇な運命を生き 妻として母として迎えた最後の試練! 大奥誕生秘話! 秀忠の秘密〜

今日は『江 〜姫たちの戦国〜』最終回!
なので、『その時歴史が動いた』風にお届けします(^ ^)


人間のドラマ。
それを人は歴史と呼びます。

決断の時、
決行の時、

人は何を考え、
どのようにして動いたか。

その歴史の決定的瞬間を取り上げます。


そしてみなさん、いよいよ「その時」がやってまいります。

続きを読む "(46)希望 [終] 〜数奇な運命を生き 妻として母として迎えた最後の試練! 大奥誕生秘話! 秀忠の秘密〜" »

2011年11月20日 (日)

(45)息子よ 〜偉大なる父 家康・最期の涙〜

【アヴァン・タイトル】

──大坂の陣を終えた秀忠は、次々と法令を発布。
名実ともに、二代将軍・秀忠の世が始まった。
しかし……。

徳川の天下を継ぐのは、長男・竹千代か次男・国松か。

世継ぎ問題が持ち上がる中、母として
息子と向き合おうとする江であったが──


大河ドラマ『江・姫たちの戦国』も、
今回含めて 残すところあと2回となりました。

大阪夏の陣 終結により、戦国時代も終わったわけで
(と、数百年経った現在では見られておりますね)
そう考えれば、残り回数は消化試合と見ることもできますが、
たとえ消化試合であっても、最終回まで綴りますです。

続きを読む "(45)息子よ 〜偉大なる父 家康・最期の涙〜" »

2011年11月13日 (日)

(44)江戸城騒乱

江(43)は、
姉・淀(47)が秀頼(23)とともに大坂城で自害して果て
大坂城は炎上、崩落したことを民部卿局から報告を受けます。

「姉上ーッ」と江の哀しげな涙声でオープニングを迎えますが、
テーマ音楽のピアノ独奏部分が、とても寂しげに聞こえました。

とはいえ、テーマ音楽が終われば
竹千代(12)と福(37)をはじめとする者たちが
豊臣滅亡を祝して大騒ぎしていて、
同じ江戸城内でありながら、そのギャップがとてもありすぎです。

「大いにお飲みくだされぇ〜」と福は皆に酒を振る舞いますが
たかが乳母の立場でここまでやっていいものかどうか、
大原麗子さん主演の大河『春日局』を視聴した者としては、
かなり理解に苦しむところです(笑)。

続きを読む "(44)江戸城騒乱" »

2011年11月 6日 (日)

(43)淀、散る

慶長20(1615)年・春──。

一旦は徳川と講和条約を結んだ豊臣大坂城でしたが、
浪人たちが再び集結し、戦支度を始めている模様です。
「なるほど……ならば動くしかないか」と
徳川家康(74)はほくそ笑みます。

家康は大坂城に対して、
豊臣秀頼(23)による大坂城明け渡しか
大坂城に集結した浪人衆を放逐するかの
二者択一を迫ります。

秀頼は常高院(46)の猛反対を押し切って
受けて立つまでと言い出し、淀(47)を驚かせます。

ただ、冬の陣の時とは状況が違いすぎます。
大坂城は堀を埋められたことにより丸裸にされ
ちと不利すぎるわけです。

続きを読む "(43)淀、散る" »

2011年10月30日 (日)

(42)大坂冬の陣

【アヴァン・タイトル】

──立場を超え、ともに天下泰平を願った秀忠と秀頼。

しかし、三姉妹に迫る悲劇。
最悪の事態は避けられるのか?

江との約束を胸に、秀忠は戦場に立つ──

続きを読む "(42)大坂冬の陣" »

2011年10月23日 (日)

(41)姉妹激突!

【アヴァン・タイトル】

──齢 七十を越えた家康、二十歳を越えた秀頼。

天下取りへの執念を燃やす家康にとって、
秀頼の存在が脅威となる。

残された時は、あとわずか。
家康は、最後の戦いに打って出る。

江たちに、悲劇が迫っていた──


慶長19(1914)年・夏。

江戸城内の廊下を、竹千代(11)を先頭に
のっしのっしと行軍(?)するお側衆一行。

出会い頭に衝突した家臣に凄い剣幕でまくしたて、
弟の国松(9)にも八つ当たりするなど、
最近の竹千代は非常にささくれ立っております。

続きを読む "(41)姉妹激突!" »

より以前の記事一覧