2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

カテゴリー「おしごと」の314件の記事

2017年12月25日 (月)

解き放ち

おしごとで、自分一人で何でも仕上げていた以前は
当然帰りも定時なんかではなく居残りばっかりで
5時間残業なんかもやったことがあるほどで
それが仕方ないなんて考えていたから辛かったです。

誰かが見かねて手助けしてくれる。
そんな瞬間を待っていたようにも思えるのですが
その誰か、にも業務がしっかりとあるわけで
周囲を顧みる暇はナイといえばナイのです。

でも、おしごとを仲間に“振る”ということを覚えてから
少なくともやっておかなければならないおしごとを
最優先にこなせるようになり、
定時で上がれるようになりました。

それは仲間がいてくれるからに他ならず
その存在に感謝をしなければなりませんよね。
当然、誰かがやってくれるのだからと甘えることなく
業務を遂行することが大切なのですが。

だからありがとうと表明するし、態度に示すし
逆に助けを求めている時であれば援助に回るようにしています。
恩返しと言えば恩着せがましいのですが、やられたらやり返す
……いやいや、もらった助けをそのまま返しているだけです。

ありがとうございます。

2017年12月21日 (木)

そんな急な

ウチの会社はシフト制。
始発のオープン要員、日勤、遅番、
そして最終の閉店要員の4つを回していまして、
今日は日勤の木曜日。

しかし昨日の夜遅く、上司から
始発のオープン要員で来てくれとのお達し。

夕方ぐらいに言われたのであれば、
まぁなんとか帳尻合わせして始発で出勤するのですが
始発であれば入浴を済ませ、もう寝ようかという時間に
「明日は始発で」と言われても、なかなか無理です。

謹んでお断りいたしました。
(これでも日勤の1時間前出勤でどうですか? と譲歩したのよ)
(だったら大丈夫です、と言われたから大人しく引き下がりました)

2017年12月16日 (土)

あっぱれ忘年会

ウチのチームの忘年会、だいたい金曜日に行われることが多いです。
(去年……というか延期して今年の新年会は水曜日でしたかね)

で、翌日の土曜日はというと始発のオープン要員。
だいたい決まっとりますw

前日に夜遅くまで飲んで、翌朝は早い時間に出社。
ワタクシ本人はとてもキツいのだけれど
それでチームが円滑に回るのなら、と毎年受け入れています。

まぁいいや。
そんなわけで呑み会明けの今日は
何が何でも定時で上がってやるぅぅ!!

2017年12月 7日 (木)

いまさらながら戦々恐々

ウチのお店にはチラシスケジュールというものがあり
(←いや存在はしないけど)
何曜日に始まって何曜日に終わる、という
定番のチラシスケジュールですね。

順調にチラシを打っていけば、年内に何枚という計算の中
今年は祝日の関係……かどうか内部事情は分かりませんが
企画1つ分のチラシが打てない。

ゆえに年末に強引にチラシが入るらしいのですが、
ただでさえ年末チラシは商材が非常に多く、準備にもかなり手間取り
かつ保管すべき商品を倉庫に直し込まなければならず、
その商材が無くなってしまわないうちに次のチラシ商材が入荷されると

もう大混雑必死なのであります。

「今年の年末はこうなるからね」と予めお知らせがあったものの
いったいどうなるん? と今のうちから戦々恐々としております。

2017年11月20日 (月)

増減

今週の木曜日は祝日、ゆえにウチのお店のチラシは
大きめサイズで格安商品を多数取り揃えてご奉仕致します──。

なーんて落ち着いて言えればいいのですけど
毎回毎回てんてこまいになるものだから
一日をこなすだけで精一杯です。

10日ほど前の段階では、チラシ掲載リスト8枚の予定でした。
8枚という数字は、おそらくおしごとに携わっておられない
みなさんには少々伝わりにくい部分ではあるでしょうが、

ウチの部署がチラシ表面を独占する“祭り”の時でさえ
リストは7枚だったので、それ以上ということになります。
今日のおしごとを迎えるにあたって、はなからため息です。
仕方ないので始業前に出勤することにしました。

で、準備を始めようとリストを手にした時
ちょっと少なめに感じたんですね。
で、同チームの同僚に確認したところ、
2枚分減ってチラシは6枚になった、とのこと。

ああっ、6枚!! ちょっと嬉しい気持ちと、
それでも大変だぞ、という気持ちと入り交じって
なんかよく分からない、
地に足がついていない浮ついた気持ちになりました。

6枚だったらば、始業前に出てきて
残業する必要もなかったのですけど(ボソッ

こういった増減、自分たちが把握していれば
それに対する準備ができるんですけど
当日に判明したりするものだから、
完全に左右されています。

何とかならんもんですかね。

2017年10月21日 (土)

思い知ったか

先週の2人体制を経験した我が上司。

で、予定では今日も2人だったのですが
オイラからの一言
「土曜日の2人がどんなに地獄か分かったでしょ?」

急きょ、パートさんに出勤してもらうことになりました。
当分は、まかり間違っても土曜日に2人などとは言いますまいw

2017年10月14日 (土)

恐怖

かつて、ウチのチームは7人体制で回していて、
曜日ごとの出勤人数は、日曜日から順に
6.3.6.6.3.6.3(人)
となっているわけですが、

チームに所属するメンバーが一人、別のチームに移り
曜日ごとの出勤人数は、日曜日から順に
5.3.5.5.3.4.3(人)
となったわけです。

それが、更に応援としてチームからひとり出さざるを得なくなり
土曜日は3→2、日曜日は5→3になってしまっています。
週末にこの人数で迎え撃とう(……失礼)というのは
どう考えたって不可能、恐怖でしかありません。

そうして迎えた今日、土曜日。

自分の頭の中で、一日の仕事をシミュレーションして
あれを何時までに片づけて、何時からは何をして、と考えたわけですが、
レジに入る時間を極端に増やされてしまった結果、
その計画はもろくも崩れ去り。

年下の上司とバックヤードで
仕事内容、仕事順について口ゲンカ(笑)。

今日! とりあえず今日乗り切ればいいんだもの!
という考えだと、明日がたちまち回らなくなってしまいます。
3人体制の明日をなるだけ潤滑に回すためにも、
限界までおしごとやってきました。。。

2017年9月30日 (土)

#書店員本日のお問い合わせ

というハッシュタグでツイッターを賑わわせているみたいです。

お客さんからのヒントを元に、本のタイトルを探し出すというもの。
特にお客さんも正確にタイトルを言うのではなく、ところどころ間違いの
しかも全く違う言葉ながらタイトルの感じで店員に質問するものだから
なかなか探し出すのが大変、というものです。

オイラ、書店店員ではありませんが、
似たような感じのお店に勤めておりますので
お気持ちは非常に分かります。

ま、オイラのいかんところは
「ないですね」とすぐにシャットアウトしてしまうところ。
“もうちょっとヒントください”って食い下がるのは
よほど余裕がある時でないとしません。

でもそれじゃあいかんのですよね。
大変だけど、もう少し付き合ってやっかなー。

2017年9月11日 (月)

最後の力を振り絞って!!

長い、と言ってもせいぜい4勤ですが
1日勤務するともうぐったり、今までどれほどの新人サンたちが
初日で脱落していったか……というぐらいの激務な
ウチの会社での4連勤が終わろうとしています。

明日になれば、お休み。

休み前日の今日、特に退勤2時間前からラストまでが
相当辛かったですー。
ホントに文字通り“最後の力を振り絞って”っていう表現以外
思いつかないぐらいです。

もう、ぐったり。
早く横になりたい……。

2017年9月 4日 (月)

ふと

Kassyは会社でP班とC班の両方に所属していて
発注から補充品出しからほぼP班のおしごとを担当していますが、
C班のおしごとも救援として発注したり補充したりしています。

で、今日はP班が3人出勤で、C班出勤者がゼロの日でした。
なので、KassyがひとりでC班のおしごとを担うことになりました。
これは、KassyはかつてP班担当からC班担当に移って
仕事をしていたことがあるということが理由ですかね。

で、本日月曜日は、来たる日のためのチラシ準備の日です。
出勤者3人のうち、2人はP班の業務に
そしてKassyがC班の業務にあたるわけですが、
P班の業務、2人いるわりにはほぼ全体業務に携わってくれません。

よっぽどいそがしいんやろねー、とKassyも気にも止めず
KassyがひとりでC班の業務にアップアップしながらも
全体業務に悪戦苦闘、しかしP班へ救援を求めることが出来ず
え? 今日おしごと終われるん? というほどに追い詰められていきます。

まぁ、これはI班など他の部署からの救援部隊が手伝ってくれまして
何とか終わらせることが出来たわけですが、
後からふと気づいたことがあります。

P班、チラシないじゃーん!!(-"-)

チラシないなら、もっと全体業務に携わってくれても
よかったはずなんですけど、結果的にはしなかったんですね。
そのことに気づいてしまったら、なんかKassyの心の中で
物音を立てながら何かが崩れて行くのを感じました。

より以前の記事一覧