2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

カテゴリー「NHK大河2014・軍師官兵衛」の52件の記事

2014年12月27日 (土)

大河ドラマ軍師官兵衛・(51-2)総集編 後編

(28)本能寺の変 〜歴史が動く! 官兵衛大勝負〜
ついに明智光秀(春風亭小朝)が謀反を起こし、織田信長(江口洋介)のいる京・本能寺に攻め入った。圧倒的な戦力の差に、防戦一方の織田の兵たち。やがてお濃(内田有紀)が刃に倒れ、信長も炎の中に消えていく。そして光秀は、一夜にして天下人となった。
そのころ黒田官兵衛(岡田准一)は、羽柴秀吉(竹中直人)と共に京から遠く離れた備中高松城を包囲していた。そんな折、官兵衛は付近の農家でかつての主君・小寺政職(片岡鶴太郎)と思わぬ再会を果たす。病を患っていた政職は官兵衛に息子・氏職(柳下 大)を託し、そのまま息を引き取る。
その後、備中に天下を揺るがす一大事の知らせが届くと、それをいち早く知った官兵衛は大勝負に打って出る。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(51-2)総集編 後編" »

大河ドラマ軍師官兵衛・(51-1)総集編 前編 〜戦国乱世! 天下を泰平に導いた、天才軍師激動の物語! 愛して、戦って、生き抜いた波乱の生涯!〜

(01)生き残りの掟(おきて) 〜戦国乱世を駆けた天才軍師 その青春の日々〜
1590(天正18)年、小田原。天下統一を目前にした豊臣秀吉(竹中直人)の大軍が、最後の敵、小田原城を包囲していた。死を覚悟で抵抗する敵を降伏に導いたのは、軍師・黒田官兵衛(岡田准一)の捨て身の説得だった。
時はさかのぼり1558(永禄元)年、播磨国。姫路城主の嫡男・万吉(後の黒田官兵衛=若山耀人)は好奇心旺盛な少年だった。父・職隆(もとたか=柴田恭兵)は、主君である小寺政職(まさもと=片岡鶴太郎)の領地を守るため日々奮戦していたが、宿敵である赤松家から裏切りを誘う調略の手が伸び始める。
そんななか、万吉は病弱な母・いわ(戸田菜穂)の薬草を摘みに赤松領内に入ってしまう。職隆は万吉を取り戻すため、危険を覚悟で赤松政秀(団 時朗)のもとを訪れる。
時を同じくして、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)は、織田信長(江口洋介)と運命の出会いを果たす。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(51-1)総集編 前編 〜戦国乱世! 天下を泰平に導いた、天才軍師激動の物語! 愛して、戦って、生き抜いた波乱の生涯!〜" »

2014年12月21日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(50)乱世ここに終わる [終] 〜遂に決着! 波乱の生涯 最後に見た天下の夢〜

今日は『軍師官兵衛』最終回!
なので、『その時歴史が動いた』風にお届けします(^ ^)


人間のドラマ。
それを人は歴史と呼びます。

決断の時、
決行の時、

人は何を考え、
どのようにして動いたか。

その歴史の決定的瞬間を取り上げます。


慶長5(1600)年9月、黒田如水率いる
9,000の黒田軍は豊後で西軍を次々と撃破。
敵は『赤合子(あかごうす)』と呼ばれる
如水の兜を目にしただけで、恐れをなしたのです。

如水の快進撃の一方で、東では
関ヶ原に運命の朝が訪れようとしていました。

慶長5年9月15日──。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(50)乱世ここに終わる [終] 〜遂に決着! 波乱の生涯 最後に見た天下の夢〜" »

2014年12月 7日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(49)如水最後の勝負 〜天下狙い脅威の進撃〜

慶長5(1600)年9月、
日本を二分する大戦が始まろうとしていました。

「東軍」徳川家康 vs 「西軍」石田三成──。

三成は家康に備えつつ、如水の動きを封じるため
大友吉統を九州に送り込みます。

豊前中津城では、農民と言わず町民と言わず
如水に付き従う者たちが戦の恵子に励んでいました。

運命の時が、刻一刻と迫っています。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(49)如水最後の勝負 〜天下狙い脅威の進撃〜" »

2014年11月30日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(48)天下動乱 〜東西激突 決死の大坂脱出行!〜

慶長5(1600)年7月。
佐和山城で蟄居していた石田三成が
徳川家康を討つため大坂城に入ります。

上杉討伐に向かう家康は江戸城に戻っていました。
「三成が、罠にかかりました!」

家康は東から、三成は西から味方を募っていました。

一方、黒田如水は豊前中津城で新たに兵を集め
来たる決戦に備え始めています。

如水に仕えたいという者たちは、
武士と言わず農民と言わず
全て雇い入れることにしていまして、

雇い入れれば賃金を与え、
武具のない者には支給する。
それを村々に評判として広めさせます。

如水が立ったという噂を九州一円に広めさせるのです。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(48)天下動乱 〜東西激突 決死の大坂脱出行!〜" »

2014年11月23日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(47)如水謀(はか)る 〜天下狙う軍師の秘策〜

黒田長政、加藤清正、福島正則らと石田三成の対立、
ここに極まれり──。

しかし徳川家康は、自邸に逃げ込んで来た
石田三成を匿いその命を救います。

三成は、家康の勧めるままに
蟄居して、佐和山へ引きこもることにします。

「徳川の狙いは、天下を揺るがす大乱──」
家康はわざと三成を生かすことで、
彼は死にものぐるいで味方を集めて
家康打倒に奔走するでしょう。

ということは、家康派と三成派のどちらにつくか
日本の中で二分されるわけです。
それを充分見極めた上で、自分の敵を根こそぎ滅ぼして
その後に天下を取る。

「三成にはつかぬ……わしは我が道をゆく」

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(47)如水謀(はか)る 〜天下狙う軍師の秘策〜" »

2014年11月16日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(46)家康動く ~後継争い激化! 勝者は誰か?〜

慶長3(1598)年8月18日の豊臣秀吉の死によって、
五大老筆頭の徳川家康は「勝負に出るぞ」と
諸大名取り込みに動き出します。

そして、天下は豊臣秀頼のものだとする淀殿は
実権を徳川に奪われてなるものか、と眼光鋭く言い放ち
三成も、豊臣家を守り抜くと決意表明。

そして主役の黒田如水は
「忙しくなるぞ、天下は再び乱れる──」と
つぶやきます。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(46)家康動く ~後継争い激化! 勝者は誰か?〜" »

2014年11月 9日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(45)秀吉の最期 〜天下人死す! 軍師別れの涙〜

慶長2(1597)年 夏、黒田如水は豊臣秀吉の命により
再び朝鮮に出陣していました。

文禄の役では、総大将は宇喜多秀家でしたが
今回の朝鮮出兵では、中納言・小早川秀秋を総大将に据えた秀吉。
黒田の陣では、秀秋は16歳とあまりにも若すぎる、とか
秀吉は何を考えておられるのか、とか家臣たちが言いたい放題です。


一方、如水に留守番を命じられたはずの次男・熊之助は
戦稽古のために遠出する、と糸を欺いて出発。
母里太兵衛の子・吉太夫らとともに朝早くに出て行きます。

しかし、母の光宛てに手紙を残していて、
熊之助の思惑が明らかになったわけです。
誰の力も借りずに、独断で朝鮮に渡ろうとしていたのです。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(45)秀吉の最期 〜天下人死す! 軍師別れの涙〜" »

2014年11月 2日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(44)落ちゆく巨星 〜再び乱世か? 如水の策は〜

文禄4(1595)年7月3日、豊臣秀次の住む聚楽第に
石田三成ら奉行衆が秀吉の使者として訪問します。

「わしが謀反じゃと!?」
秀次は、鍛錬のために頻繁に鹿狩りに行っておりまして、
三成はそこを突き、同心の者たちと落ち合って
謀反の企てをしているという疑いをかけたのです。

逆臣などない! と秀次は顔を真っ赤にして怒りますが、
拾の行く手を遮る者を除去しようとする豊臣秀吉には
そんな弁明が通用するわけがありません。

三成が退出した後、秀次は
彼がいつ何をしかけて来てもいいように大量の兵を集め、
自らは鎧に身を包むなど用心に余念がありません。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(44)落ちゆく巨星 〜再び乱世か? 如水の策は〜" »

2014年10月26日 (日)

大河ドラマ軍師官兵衛・(43)如水(じょすい)誕生 〜生死賭け潔白を示す大勝負!〜

黒田官兵衛蟄居の命は
たちまちのうちに、黒田家大坂屋敷の光や
朝鮮に渡って戦を続けている黒田長政、
家臣団の知るところとなります。

ただ、何がどうなって蟄居に至ったのかは分からず。
その事の重さが計り知れないだけに、切腹……と
最悪の事態も考えておかなければなりません。
ともかく、分かっているのは黒田家の危機ということだけです。

光はおねに秀吉の怒りを鎮めるように掛け合っておりまして
おねも何度も書状を出すなど最大限努力しているのですが
今回ばかりは、どうやっても秀吉の怒りは解けません。

続きを読む "大河ドラマ軍師官兵衛・(43)如水(じょすい)誕生 〜生死賭け潔白を示す大勝負!〜" »

より以前の記事一覧