2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

カテゴリー「NHK大河2017・おんな城主直虎」の12件の記事

2017年3月26日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(12)おんな城主直虎

駿河への道中、突風で思わず目を瞑る井伊直親。

風が止み、目を開けると
今川が送り込んだ刺客に囲まれていました。

「かかれいっ」
直親たち小人数に、大人数の刺客が
一斉に襲いかかります。

善戦するも、やはり多勢に無勢
一人斬り倒され、二人斬り倒されして
ついに直親だけになってしまいます。

幾人にも串刺しにされた直親。
刺客たちが立ち去った後も、次郎法師の心の声が届いたか
「井伊は……どっちだ」と立ち上がって戻ろうと歩き出します。
しかし数歩進んだところで力尽きてしまいます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(12)おんな城主直虎" »

2017年3月19日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(11)さらば愛(いと)しき人よ

今川を捨てて故郷の岡崎に戻った松平元康。

その裏切りに激怒した今川氏真は
元康の妻・瀬名に自害を命じます。
次郎法師は井伊谷から駿府に駆けつけ
助命のためにあれやこれやと対策を練りますが、すでに遅く。

とその時、馬で駈けてくるひとりの男。
元康の家臣・石川数正であります。

元康に攻められて自害して果てた鵜殿長照の
忘れ形見を人質として預かっているので、
瀬名、竹千代、亀姫の3人と引き返せよと要求。
これが、後に語り草となる元康による瀬名の人質交換劇です。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(11)さらば愛(いと)しき人よ" »

2017年3月12日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(10)走れ竜宮小僧

「政次……いかがしたのじゃ!? 何があった?」
ガサッという大きな物音を聞いて次郎法師が様子を見に来ると、
ケガをした小野政次が座ったまま、脅えた表情を次郎法師に向けます。

奥山朝利に斬り掛かられた政次は、
朝利ともみ合っているうちに返り討ちしてしまったのです。

直親に、事の次第を正直に話すしか道はない。
政次の手当てをした次郎法師は涙を浮かべて説得しますが、
小野はまた、直親の父を奪ったことになったわけです。
「義理とはいえ、いくら何でも許すと思うか?」

次郎法師は、自分がなんとかする、なんとかしたい、と
政次にここに留まるように言います。
「竜宮小僧の務めじゃ」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(10)走れ竜宮小僧" »

2017年3月 5日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(09)桶狭間に死す

永禄3(1560)年5月、
今川義元は上洛するため尾張方面に軍を進めます。
尾張の織田勢3,000、対する今川勢25,000。
誰もが今川の勝利を疑いませんでした。

尾張・桶狭間──。

織田が守る丸根砦も難なく落とし、
大高城に進めば勝利は間違いなしです。
先鋒を任された井伊軍にも、楽観ムードが漂っています。

そんな中、井伊直盛は
目をキョロキョロさせて何かの音を感じ取ります。
地滑りとも違う、不気味な音です。
直後、敵じゃあ! と叫ぶ兵士の声が聞こえてきます。

「織田じゃあ!!」
織田軍が、狭い井伊の陣に乱入してきて
井伊軍は逃げようにも道を塞がれた形になって
身動きできません。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(09)桶狭間に死す" »

2017年2月26日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(08)赤ちゃんはまだか

井伊直親としのが結婚してすでに4年。
しかし未だ子に恵まれず……。

一方、松平元康と夫婦となった瀬名姫は
嫡子竹千代に続き、すでに2人目の子を身ごもっておりまして、
幸せであるが恨めしい、と文にはつづっていました。

その文を読み、愉快そうに笑う次郎法師ですが
たまたま通りかかったしのは、
自分のことを笑われたのかと心を病んでおります。
「どうしたのじゃ……しの殿は」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(08)赤ちゃんはまだか" »

2017年2月19日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(07)検地がやってきた

托鉢に回る次郎法師。
とぼとぼと歩きながら、井伊館からは
亀之丞あらため井伊直親の奏でる笛の音が聞こえてきました。

亀之丞と婚約をしたとき、死んだ井伊直満が
息子の嫁となるおとわ(次郎法師)に
「夫が笛なら妻は鼓」と、鼓をプレゼントしてくれたのが
まるで昨日のことのようです。


駿河の今川館を訪れている新野左馬助は
井伊直親の帰参と家督相続の許しを得ようとしますが、
裏切り者を許せというのか、井伊の姫と添わせるのか、と
今川義元はたいそうご立腹です。

しかし、新野に同行している小野政次から
遠縁に当たる新野の娘を妻に、という話を聞いて
少々態度を軟化させ、井伊谷に検地を求めます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(07)検地がやってきた" »

2017年2月12日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(06)初恋の別れ道

天文24(1555)年2月8日。

亀之丞は、祖父・井伊直平が烏帽子親となり元服。
従兄弟の井伊直盛の宣言で、
「井伊肥後守直親」と名乗ることになりました。

小野政次の弟・玄蕃は、成長した直親の姿に
「よく生きておられたのう」と笑いますが、
それを聞いた兄は、黙っておれ、と釘を刺します。

自分の元服の儀式はそれとして、
直親としてはおとわと夫婦になりたい一心で
少し前のめり気味に、次郎法師の還俗を催促しますが、

政次が、まずは今川義元に
直親帰参の許しを得てから、と伝えます。
少し不満顔の直親です。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(06)初恋の別れ道" »

2017年2月 5日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(05)亀之丞帰る 〜成長した3人の新たな物語〜

天文23(1554)年──。

次郎法師18歳。
金づちもってトンカントンカンやったり
草履を編んでやったりと村人のために奉仕活動です。
たまに夫婦喧嘩の仲裁もw


そのころの今川家は、武田の後ろ盾を武器に
領土の西方・三河平定に乗り出しておりまして
今やその勢いはとどまるところを知らず。

井伊谷でも、今川寄りの井伊家家老・小野和泉守政直の力が
ますます大きく強いものとなっておりました。

政直は、井伊家を継ぐ予定であった亀之丞がいなくなって
10年が経過したこともあり、そろそろ後継者を決定する頃と
井伊直盛に話を切り出します。
「それがしに考えがあるのでございますが……」

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(05)亀之丞帰る 〜成長した3人の新たな物語〜" »

2017年1月29日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(04)女子(おなご)にこそあれ次郎法師

「一女とわの出家をもって本領安堵とす」

本領安堵とあっては、とわが成長して
折りをみてそろそろ還俗を、というわけにもいかず。
井伊直盛は頭を抱えます。

おとわ自身も、とりあえずの避難として出家と言ったものの
実際に出家してしまっては亀之丞と結婚できないことを知って
途端に手を翻して出家したくないなどと言い出します。
これまた直盛が頭を抱えることになったわけです。

黙って聞いていた千賀が、おとわを
“己の身を呈して井伊を救ったあなたを誇りに思う”
“三国一の姫”などと持ち上げ、おとわをその気にさせます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(04)女子(おなご)にこそあれ次郎法師" »

2017年1月22日 (日)

大河ドラマおんな城主直虎・(03)おとわ危機一髪 〜奇跡の生還なるか!?〜

「きゃあ〜っ」というたけの悲鳴。
おとわが自ら髪の毛を切り落としているのです。
ニッコリと笑うおとわは、つまりは自分が出家しさえすれば
誰の嫁にもならなくても済む、という考えなのです。

小野政直は、先ほどは当主の井伊直盛から
鶴丸をおとわの婿として迎え、井伊家を継がせると聞いたものの
おとわがこんなことをしていては──。

半ばあきれ顔の政直ですが、
それらは鶴丸のためにならない、とおとわは言います。
子の鶴丸が政直がやったことを恥じていた、と。

夫婦約束は無理ですな、と出て行く政直を
直盛は追いかけます。

続きを読む "大河ドラマおんな城主直虎・(03)おとわ危機一髪 〜奇跡の生還なるか!?〜" »