2017年6月30日 (金)

プレイバック秀吉・(49)夢のまた夢 [終]

京都東山。
秀吉の墓・豊国廟は明治になって再建された。
徳川時代、豊臣家に由来する社は
影も形もなく壊されたからである。

500段を数えるこの石段の頂上に、
秀吉はひっそりと眠っている。
かつての華やかな生涯もまた、夢のまた夢である──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(49)夢のまた夢 [終]"

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

プレイバック秀吉・(48)五右衛門、釜ゆで

希代の大泥棒・石川五右衛門は実在した。

スペインの商人=アビラ・ヒロンが書いた「日本王国記」。
石川五右衛門“Ixicava goyemon”の名も、その最期が
残酷な釜茹での刑であったとの記録がある。

五右衛門の悲惨な末路が、
権力に完全に立ち向かった賊として人々の心をとらえた。
そして五右衛門伝説は今もなお語り継がれてゆく──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(48)五右衛門、釜ゆで"

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

プレイバック秀吉・(47)かあちゃんの死!

大坂から、海路と陸路を行くことほぼひと月。
距離にしておよそ700km。

現在の佐賀県鎮西町に位置する肥前名護屋城は
「唐陣」あるいは「唐入り」と称する
秀吉の大陸出兵構想の拠点であった。

目の前には玄界灘、
大坂城に次ぐ規模を誇るこの城に結集した軍勢30万。
大陸出兵が始まろうとしていた──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(47)かあちゃんの死!"

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

プレイバック秀吉・(46)母の悲しみ

秀吉が行った「太閤検地」によって、
史上初めて大名の石高が確定した。

豊臣家最大の大名・徳川家康は256万石。
仮に1石10万円と換算すると、2560億円。
加賀100万石の基を築く前田利家は84万石、840億円。

秀吉の側近・石田三成は20万石、200億円。
その他、子飼いの大名も20万〜25万石であった。
(小西行長20万石、加藤清正25万石)

秀吉は、その石高に応じて大名に借りる
出兵兵士の数を割り当てていた。
大陸を目指す秀吉は、
そのために検地を急がせたのである。

いわば太閤検地は、生産力を把握すると同時に
大陸への出兵の足固め政策の一つだったのである──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(46)母の悲しみ"

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

プレイバック秀吉・(45)利休切腹

平成2(1990)年3月、京都・大徳寺で
利休400年忌の法要が営まれた。
「表千家」「裏千家」「武者小路千家」
三千家による合同法要である。

利休を祖とする3つの千家によって
利休の茶の湯は今も脈々と伝えられている。

利休の晩年、大徳寺・三門の金毛閣に利休の木像が置かれた。
この三門が、利休の寄進によって
改築されたことを称えてのことであった。
木像は江戸期に復刻され今も安置されている。

この利休の木像が、
秀吉と利休との対立を決定的なものとしたのである──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(45)利休切腹"

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

プレイバック秀吉・(44)秀長、逝(ゆ)く

織田信行:勝家……裏切ったな!!
──織田信長、弟信行を暗殺。

骨肉相食(あいは)む戦国乱世、
兄弟すら権力の争奪戦に巻き込まれ、憎み殺し合う。

そんな時代に、
奇跡のパートナーシップを発揮した弟がいた。
大納言・豊臣秀長である。

奈良県大和郡山、秀長の築いたこの城は
114万石の大名の居城としては質素である。
秀吉の補佐役に徹した秀長の人柄を忍ばせる。

持ち前の調整力で、
古くからの寺社や公家の利権が入り組むこの地を
一度も落とすことなく治めた秀長。
土地の人は、今も秀長を“大納言さん”と読んで慕っている。

秀吉の夢を実現することにのみ喜びと感じた男・秀長。
兄への大きな愛が、豊臣家を支えたのだった──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(44)秀長、逝(ゆ)く"

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

プレイバック秀吉・(43)花戦さでござる

秀吉の勢力範囲は着々と広がっていた。
九州を平定後、関東以北の支配が課題となった。

そして天下取りの総仕上げが小田原の合戦であった。
敵は関東の覇者・北条氏直。
ここで秀吉は空前絶後の作戦を展開した。

号令一下、21万の兵士を招集。
満員の東京ドーム5杯分の数である。
陣中では、花見に茶会の遊興ざんまい。

数ヶ月に及ぶ持久戦も何のその。
余裕の秀吉は敵の目の前に城まで築いていた。
世に言う「石垣山一夜城」。
周囲には、京・大坂を凌ぐ大都会が出現した。

関白の富と力を見せつけ、秀吉は真の天下人となる──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(43)花戦さでござる"

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

プレイバック秀吉・(42)淀の子、誕生

平成7年度のGNP国民総生産は
491兆円であった。
国の総生産力を初めてはじき出したのは
秀吉が実施した『太閤検地』である。

全国の田畑の面積を測り、
その収穫高を特定するという大プロジェクト。

それに加え、農地がない商家などは
屋敷の広さを同じ広さの田んぼに置き換え
商いの生産力を米の収穫高として割り出した。

例えば鉄砲鍛冶屋。
36坪という敷地面積を農地面積に置き換え
1畝(せ)6歩(ぶ)と記している。

このようにして10年の歳月をかけて、検地帳7,000冊が
秀吉の元に届けられ、全国の総石高、GNPを得た。
その結果、天正19(1591)年の日本総石高は1,857万石、
1石が10万円として、1兆8,000億円!

秀吉が把握した国力、それは
現代のGNPの270分の1であった──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(42)淀の子、誕生"

| | コメント (0)

2017年5月30日 (火)

プレイバック秀吉・(41)決別の朝顔

石田三成「世界の地図を、豊臣の旗にて埋め尽くす!」

徳川家康の上洛により、
豊臣の天下は磐石のものとなった。
だが、豊臣家の運命は、
内と外から大きく揺さぶられようとしていた。

お市の忘れ形見・茶々が引き起こす波紋、
そして三成ら若い武将の間から沸き起こった
海外への出兵論議である──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(41)決別の朝顔"

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

プレイバック秀吉・(40)誘惑

1586年、桃山コレクション──!!

(おね、とも、茶々の画像が次々と)
当時の着物の中心は、小袖。
もともとは、貴族の下着だったが
室町時代から桃山時代にかけて爆発的に広まった。

そもそも小袖とは、袖口が小さく狭まったものをいう。
小袖発達の理由は、織物や染織の技術革新にあった。
豪華な柄や芸術的な模様の小袖が数多く生産された。

その後、小袖は現代に至るまで和服の原型となり
日本女性を美しく引き立てて来た。
若さ、美貌、見事な装いを身に付けた女性が
次に手に入れようとするものは、一体何か──。

続きを読む "プレイバック秀吉・(40)誘惑"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Kassyのオススメ おしごと おともだち ウェブログ・ココログ関連 デジタル ニュース バス・電車 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 育児 音楽 NHKスペシャル・坂の上の雲 NHK大河1966・源 義経 NHK大河1970・樅ノ木は残った NHK大河1972・新・平家物語 NHK大河1973・国盗り物語 NHK大河1974・勝 海舟 NHK大河1977・花神 NHK大河1978・黄金の日日 NHK大河1979・草 燃える NHK大河1980・獅子の時代 NHK大河1984・山河燃ゆ NHK大河1985・春の波涛 NHK大河1986・いのち NHK大河1988・武田信玄 NHK大河1990・翔ぶが如く NHK大河1992・信長 NHK大河1996・秀吉 NHK大河1998・徳川慶喜 NHK大河2000・葵 -徳川三代- NHK大河2002・利家とまつ NHK大河2004・新選組! NHK大河2005・義経 NHK大河2006・功名が辻 NHK大河2007・風林火山 NHK大河2008・篤姫 NHK大河2009・天地人 NHK大河2010・龍馬伝 NHK大河2011・江 NHK大河2012・平 清盛 NHK大河2013・八重の桜 NHK大河2014・軍師官兵衛 NHK大河2015・花燃ゆ NHK大河2016・真田丸 NHK大河2017・おんな城主直虎 NHK大河2018・西郷どん NHK大河2019・いだてん NHK大河2020・麒麟がくる NHK大河ドラマ NHK大河・北条時宗 NHK新大型時代劇1985・真田太平記 NHK朝ドラ・おしん