2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

お乗り換え〜♪

Kassy号〜♪の車窓から 2011

無料ブログはココログ

カテゴリー「NHK大河2018・西郷どん」の51件の記事

2018年12月30日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(48-4)総集編第四章「天命」

大河ドラマ西郷どん・(39)父、西郷隆盛 〜菊次郎 憧れと失望〜
明治2年、隠居し薩摩で穏やかな日々を過ごしていた西郷隆盛(鈴木亮平)は、奄美大島から9歳になる息子・菊次郎(城桧吏)を薩摩に引き取る。しかし、菊次郎は継母となった糸(黒木華)とその息子・寅太郎にも遠慮し心を開かない。一方、明治新政府は版籍奉還など急激な改革を進め、不平士族や農民たちの反乱が各地で起こっていた。そんな時、大久保利通(瑛太)は従道(錦戸亮)に、隆盛を上京させるよう説得させる。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(48-4)総集編第四章「天命」" »

大河ドラマ西郷どん・(48-3)総集編第三章「革命」

大河ドラマ西郷どん・(22)偉大な兄 地ごろな弟 〜弟は寺田屋へ!? 国父激怒〜
3年ぶりに薩摩に戻った吉之助(鈴木亮平)は国父・島津久光(青木崇高)と対面するが上洛(じょうらく)計画は無謀であると批判し、地ごろ(田舎者)扱いされた久光は激怒する。一方、有馬新七(増田修一朗)たちが京で他藩の浪士たちと倒幕の狼煙(のろし)をあげようとしていた。吉之助は久光の上洛軍を下関で迎える役目を与えられていたが、その命を破り急ぎ京へ向かう。京には有馬の影響を受け血気にはやる弟の信吾(錦戸亮)がいた。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(48-3)総集編第三章「革命」" »

大河ドラマ西郷どん・(48-2)総集編第二章「再生」

大河ドラマ西郷どん・(13)変わらない友 〜西郷の帰郷〜
篤姫(北川景子)の輿入れを果たした吉之助(鈴木亮平)は3年ぶりに帰郷する。西郷家はさらに貧困を極めていたが、家族や正助(瑛太)たちは再会を喜び質問攻めにする。けれど斉彬(渡辺謙)の密命を担う吉之助は話せないことばかり。友との間に埋まらぬ溝が出来てしまう。そんなとき老中・阿部正弘(藤木直人)が急死。斉彬の構想は揺らぎ、江戸に戻ることになった吉之助は正助も薩摩から連れ出そうとするが、正助は激怒する。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(48-2)総集編第二章「再生」" »

大河ドラマ西郷どん・(48-1)総集編第一章「薩摩」 〜〜

大河ドラマ西郷どん・[新] (01)薩摩のやっせんぼ 〜初回拡大60分! 薩摩から激動の生涯が始まる!〜
天保11年(1840年)、薩摩の国。西郷小吉(渡邉蒼)は、大久保正助(石川樹)など町内の仲間たちと学問や剣術を切磋琢磨する日々を過ごしていた。「妙円寺詣り」という藩最大の行事で、小吉たちは一番乗りで寺に到着し、褒美をもらう。そこで薩摩藩の世継ぎである島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いをする。しかし、小吉は恨みを持った他の町の少年から刀で肩口を切られ、二度と剣が振れなくなってしまう。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(48-1)総集編第一章「薩摩」 〜〜" »

2018年12月16日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(47)敬天愛人 [終] 〜60分拡大版 ついに完結! 西郷大久保の最期〜

今日は『西郷どん』最終回!
なので、『その時歴史が動いた』風にお届けします(^ ^)


人間のドラマ。
それを人は歴史と呼びます。

決断の時、
決行の時、

人は何を考え、
どのようにして動いたか。

その歴史の決定的瞬間を取り上げます。


そしてみなさん、いよいよ「その時」がやってまいります。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(47)敬天愛人 [終] 〜60分拡大版 ついに完結! 西郷大久保の最期〜" »

2018年12月 9日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(46)西南戦争 〜涙の田原坂 延岡の決意〜

「政のあり方を問いただす。みんなで薩摩に帰ってくっとじゃ」
西郷隆盛は、士族の窮状を政府に訴えるため
士族13,000を引き連れて一路東京を目指します。

木戸孝允は、周辺が暴発しただけではないかと疑い
まずは隆盛が先頭に立っているのかいないのか
それを確かめるべきだと主張しますが、

兄が立ったのは間違いありません、と
冷静に西郷従道が答えますが、
「何故兄が立ったのか、理由が分かりません」とつけ加えると
みな一様にショックを隠しきれない様子です。

岩倉具視に、三条実美に
どないするんや!? とせっつかれた大久保利通は、表情を変えず
天皇に申し出て西郷討伐の詔を出してもらうと呟きます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(46)西南戦争 〜涙の田原坂 延岡の決意〜" »

2018年12月 2日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(45)西郷立つ 〜〜

明治8(1875)年、
西郷隆盛が荒れる士族たちのために私学校を作って1年、
学校の門を叩く士族たちは後を絶たず、
生徒数は2,000人を超え、さらに増え続けています。

ただ、最近の新聞は隆盛を担ぎ上げ
不平不満を抱く士族たちを煽っているように思えて仕方ありません。
内務卿の大久保利通は、士族たちの反乱を芽から摘み取るために
新しい方策を考えなければならないと頭を抱えます。

川路利良は、いかなる手も打てるように、元薩摩藩士の中原尚雄を
密偵として鹿児島の私学校に放って逐一報告をさせています。
「私学校から目を離すな」
利通は川路を見据えます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(45)西郷立つ 〜〜" »

2018年11月25日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(44)士族たちの動乱 〜西郷の私学校〜

明治6(1873)年11月、東京〜鹿児島に戻ってきた西郷隆盛は
畑仕事をしたり犬を連れて狩りをしたりと、生き生きと暮らしています。

桐野利秋ら薩摩出身の者たちも、隆盛辞職に合わせて
自らも職を辞して鹿児島に戻ってきました。
隆盛を慕ってのことです。
みな、自分の辞職と引き換えに、隆盛に政府に戻って欲しいのです。

「帰れ。二度とこの家には来んな」
隆盛は利秋らを睨みつけます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(44)士族たちの動乱 〜西郷の私学校〜" »

2018年11月18日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(43)さらば、東京 〜盟友決裂 大久保の涙〜

10月14日、帰国した岩倉具視たちを交えた閣議が開かれます。
西郷隆盛は、自分が大使として朝鮮へ派遣されることに決まったと説明すると、
大久保利通が立ち上がり、隆盛を見据えて発言します。
「今一度考え直すべきだと。私は断固、承服しかねます」

前夜 岩倉と利通が綿密に打ち合わせして
隆盛を朝鮮に派遣させないために、シナリオを描いていたのです。
その“覆し”が始まったのです。

隆盛はそもそも、兵を引き連れずに一人で朝鮮に乗り込むつもりです。
誠心誠意尽くせば、相手も理解してくれる、と。
利通に言わせればそれが甘いわけで、
乗り込めば殺され、それが対蘭の火種となり得るのです。

利通は、朝鮮のことなどは捨て置いて
今は富国強兵を進めるべきだと主張します。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(43)さらば、東京 〜盟友決裂 大久保の涙〜" »

2018年11月11日 (日)

大河ドラマ西郷どん・(42)両雄激突 〜〜

外国への留学を決めた西郷菊次郎は
父・西郷隆盛とともに東京に向かいます。

隆盛と熊吉が住む長屋に身を寄せつつ、
同じく留学する予定の
市来宗介(いとこ=隆盛の妹・市来 琴の子)に
英会話を習っています。

そして横浜からアメリカへ出発していきます。

続きを読む "大河ドラマ西郷どん・(42)両雄激突 〜〜" »

より以前の記事一覧