2022年8月19日 (金)

プレイバック北条時宗・(18)国書来(きた)る

蒙古から高麗と博多を経由し鎌倉に運ばれてきた国書を前に、北条実時らは何やら恐ろしげに眺めています。さっそくに、と北条政村が開封しようとすると、安達泰盛から待ったがかかります。「まだ時宗どのが来ておられぬ」

そのころ北条時宗は、謝 国明の屋敷に来てクビライについて情報を得ていました。隋や唐の時代のように国同士で付き合いたいという意向を謝 国明から聞き、それでも信じられない時宗ですが、クビライに実際に会った謝 国明は太鼓判を押します。魔物が襲ってくるなどと陰口をたたく者もいるが、曇った眼で国書を読まず誰にも左右されずに見極めるように伝えます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(18)国書来(きた)る"

| | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

プレイバック北条時宗・(17)クビライの影

宗尊親王更迭で大きく揺れた鎌倉は、嫡男の惟康王を新しい将軍に迎えて、ようやく落ち着きを取り戻します。執権の北条政村は得宗家を代表して挨拶しますが、惟康王は「お父(もう)さまにお会いしたい……」とぐずります。北条時宗の前に進み出た惟康王は、父母を都へ追いやったのかと時宗を責め、「麿はお前が嫌いや!」と扇子でほほを打ちます。時宗は甘んじてそれを受けますが、表情には衝撃が浮かんでいました。

六波羅探題北殿には宗尊親王の姿がありました。たらい回しにされた挙句、今は北条時茂の館に軟禁されているのです。呼び出した時輔に、自分と共に鎌倉に返り咲く方策を聞かせてくれと猫なで声を上げますが、時輔はニッコリほほ笑んで、もはや負けた方には用はないと突き放します。そんな宗尊親王と時輔のヒソヒソ話を隠れて窺っていた時茂は、如月に時輔から目を離すなと命じます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(17)クビライの影"

| | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

プレイバック北条時宗・(16)将軍すげ替え

文永3(1266)年正月。北条時宗が連署に就任し、北条時輔が六波羅探題南殿に移って2度目の新年。いつも通り出仕する時宗ですが、時宗に続く家臣たちの列に、平 盛綱の後ろには召し抱えられた八郎の姿もありました。そして文永3年は日本にとって忘れることのできない、長い長い戦の幕開けでした。時輔は降る雪を眺め、浮かない表情です。

蒙古のクビライ・カアンは日本国王に書簡「大蒙古国皇帝奉書」をしたため、正使の黒的(ヒズル)と副使の殷弘に高麗経由で日本に向かうように命じます。高麗と日本は国交がないし、日本が拒む可能性もありますが、クビライは日本とよしみを通じたいのだから拒むわけがないと強気です。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(16)将軍すげ替え"

| | コメント (0)

2022年8月 9日 (火)

プレイバック北条時宗・(15)母上ご乱心

クビライ・カアンと謝 国明は再会を喜びます。この大草原で対面したのは、クビライはここに偉大な「大都」を建設するつもりで、謝 国明に木材調達を依頼するのです。力を尽くすと約束する謝 国明はクビライの信頼を得ます。日本には古い都と新しい都がある──そう説明を受けたクビライは、新しい都を治める者の名を尋ねます。「大都が完成するころには、おそらく北条時宗」

そのころ時宗は、弟北条宗政を連れて涼子のところへ赴きます。宗政が政村の娘芳子との婚儀を行うことになったと報告しますが、涼子は北条時頼を殺めた下手人が見つからないうちに時宗は連署に、宗政が婚儀と皮肉ります。時頼の遺言だと時宗は弁明しますが、であれば北条時輔をなぜ六波羅へ追放したのかと問い詰めます。一日も早く明日に目を向けていただきたい……、時宗の願いは涼子には届きません。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(15)母上ご乱心"

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

プレイバック北条時宗・(14)兄の追放

文永元(1264)年、北条時宗が鎌倉を率いる覚悟を固めたころ、蒙古の皇帝・クビライが日本に着目します。宋を手に入れるには、宋と通商を行う日本と通じて宋を孤立させたいわけです。どう攻めるかと家臣が言うと、クビライはそのつもりはないと笑うのですが、日本は金銀、米、土地が豊かで民も善良、日本が蒙古の属国になれば大陸の国交も復活すると家臣が進言し、クビライは思わず家臣を見つめます。

海を渡って南宋の泉州に来ていた佐志 勇は、半ばイライラしながら今すぐに博多に帰ろうと佐志 房に提案します。房は謝 国明が海を渡ってくるのを待ち、勇とともに蒙古入りするつもりなので、すでに遅いのです。元は高麗人の勇は、蒙古の高麗攻めで父母を亡くしているので、勇にとってはクビライは親の仇以外の何ものでもないわけです。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(14)兄の追放"

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

プレイバック北条時宗・(13)大いなる岐路

北条時宗は慌てて北条時輔の館に急行し、兄の無事を確認します。北条長時が亡くなったことを知って思わず目を背ける時輔は、時宗がなぜ自分の館に真っ先に駆け付けたのか? 次に狙われるのは自分か? と疑い始め、父時頼の3つめの遺言を時宗から聞き出そうとします。しかし時宗は口を割りません。時輔は命を狙われている現状に恐れおののき、時宗は父の遺言で苦しめられています。

長時は脳卒中で35歳で亡くなったと発表がありました。安達泰盛は妻の梨子に、長時の訃報を伝えます。急な病でとの説明に、兄の最期を看取ったのは誰かと泰盛に食い下がります。泰盛は目を大きく見開き、梨子の手を握ろうとしますが、梨子はサッと身をかわし、信じられないというような表情を泰盛に向けて、居室から走って出ていってしまいます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(13)大いなる岐路"

| | コメント (0)

2022年7月29日 (金)

プレイバック北条時宗・(12)暗殺

弘長3(1263)年の冬、北条時頼の葬儀が執り行われました。北条得宗家の嫡男として葬儀一切を取り仕切った北条時宗ですが、時頼に非情な遺言を受け、その心の中は激しく揺れ動いていました。棺のすぐ後ろからついていきながら、「長時を殺せ」「時頼を殺せ」との時頼の声が、響き渡っていました。そして時宗のすぐ後ろを、その時頼が続いていました。

鎌倉執権館では、北条長時が時頼の死に遺憾の意を表明しますが、安達泰盛は毒殺なのだから下手人を探せとわめき出します。北条政村も北条実時もそれに否定的な考えを示し、下手人探しをすることは身内を疑うことと言う長時と、やましいことがあるからそう言うと主張する泰盛がいがみ合いますが、その空気に耐えかねて時宗が「父上は病で亡くなられたのじゃ!」と座を蹴って出ていきます。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(12)暗殺"

| | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

プレイバック北条時宗・(11)時頼絶命

「父亡き後の鎌倉をいかに導けばよいか、3人に申し渡す」 座禅を組む我が子3人に向かって、北条時頼は静かに語り出します。毒を盛った下手人は探すな。兄弟3人それぞれの役割を全うせよ。北条時輔は家臣として北条時宗と北条宗政を補佐せよとのお達しに時宗は我慢なりませんが、いずれ劣らぬ辛き運命と時宗を突き放します。そして最後の3つ目を言おうとした時頼は、その場で昏倒してしまいます。

時頼が病床に伏したことは大騒動になりますが、最明寺亭に見舞うことも許されず、事実確認が取れません。ただ、北条経時や檜皮姫と全く同じ症状ということだけは分かっています。「毒を盛られたと申すか!?」と安達泰盛は怒りをにじませますが、北条政村は、時頼が倒れた情報が漏れないように、すでに伝えた松下禅尼以外は鎌倉内部の者にも秘密にします。時頼を恨むと公言していた涼子にも言うは及ばずです。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(11)時頼絶命"

| | コメント (0)

2022年7月22日 (金)

プレイバック北条時宗・(10)ひとり立ち

北条時宗と北条時輔の果たし合いの時。由比ヶ浜(前浜)で小笠懸です。二人だけの果たし合いなので、従者も立ち入らせないほどのピリピリした空間です。一直線に並べられた小さなオレンジ色の的を射抜きます。「ハイッ」と時宗の声が響き渡ります。腰かけた時輔は砂で遊びながら、目で時宗の姿を追います。1枚目、2枚目と見事に射抜きますが、突然の雷鳴に手元が狂って3枚目を惜しくも外してしまいます。

時輔は黒の的を射抜きます。馬上の人となった時輔は、しばらく地面を見てじっとしていましたが、「ハイッ」と駆け出します。1枚目、2枚目と順調に射抜き、時宗は来たる結末に思わず目を背けますが、時輔は3本目の矢を天に向かって射ます。アッと声を出しそうになる時宗を、時輔はじっと見つめ、そのまま立ち去ります。時宗は膝から崩れ落ち、悔しがります。

続きを読む "プレイバック北条時宗・(10)ひとり立ち"

| | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

プレイバック北条時宗・(09)決闘由比ヶ浜

安達屋敷が炎に包まれ、落ちてきた梁の下敷きになって讃岐局が犠牲になりました。北条時宗の元に無事に戻った祝子は実家に帰った非礼を詫びますが、讃岐局が助け出してくれた時に北条時輔の名をつぶやいていたその声が、脳裏から離れません。涙をこぼす祝子の手を握り、無事でよかったと安堵の表情を浮かべる時宗。ようやく夫婦が本当の夫婦になれた瞬間でした。

讃岐局の亡骸を前にひざから崩れ落ちる時輔は、自分が弔いを行うと言い出します。付け火は罪が重いことながら、時頼が情けをかけていれば母は命を絶つこともなかったわけで、母を罪人扱いする時頼を許せなかったのです。そしてお悔やみに訪れた涼子にまで噛みついて、涼子が相手にしなかったから母は自分の家督相続にこだわったと、涼子も罪人扱いします。「そして、それがしは一番の大罪人じゃ」

続きを読む "プレイバック北条時宗・(09)決闘由比ヶ浜"

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Kassyのオススメ おしごと おともだち ウェブログ・ココログ関連 デジタル ニュース バス・電車 心と体 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 育児 音楽 NHKスペシャル・坂の上の雲 NHK大河1966・源 義経 NHK大河1970・樅ノ木は残った NHK大河1972・新・平家物語 NHK大河1973・国盗り物語 NHK大河1974・勝 海舟 NHK大河1977・花神 NHK大河1978・黄金の日日 NHK大河1979・草 燃える NHK大河1980・獅子の時代 NHK大河1984・山河燃ゆ NHK大河1985・春の波涛 NHK大河1986・いのち NHK大河1988・武田信玄 NHK大河1989・春日局 NHK大河1990・翔ぶが如く NHK大河1992・信長 NHK大河1996・秀吉 NHK大河1998・徳川慶喜 NHK大河2000・葵 -徳川三代- NHK大河2001・北条時宗 NHK大河2002・利家とまつ NHK大河2004・新選組! NHK大河2005・義経 NHK大河2006・功名が辻 NHK大河2007・風林火山 NHK大河2008・篤姫 NHK大河2009・天地人 NHK大河2010・龍馬伝 NHK大河2011・江 NHK大河2012・平 清盛 NHK大河2013・八重の桜 NHK大河2014・軍師官兵衛 NHK大河2015・花燃ゆ NHK大河2016・真田丸 NHK大河2017・おんな城主直虎 NHK大河2018・西郷どん NHK大河2019・いだてん NHK大河2020・麒麟がくる NHK大河2021・青天を衝け NHK大河2022・鎌倉殿の13人 NHK大河ドラマ NHK新大型時代劇1985・真田太平記 NHK新大型時代劇1986・武蔵坊弁慶 NHK朝ドラ1983・おしん