福岡県大野城市内を走るコミュニティバス「まどか号」は、平成15年3月より運行が開始されました。

写真の車両は「まどか号」4号車で、定員36名、座席数16席。
平成15年の運行開始に合わせて導入された車両6台のうちの1台で、運行委託している西鉄月の浦営業所に新製配置されました。
以来、大野城市内循環線専用で運行されています。

大野城市内の狭幅区間も通るため、通常の大型バスではなく、小型の専用車両を使っています。
全車ノンステップ仕様の三菱ふそう・エアロミディMEで、緑色地にイラスト・ロゴを配した塗装。