市の北西、四王寺山のふもとにある。奈良時代、聖武天皇は全国に国分寺・国分尼寺を建て、その中心として東大寺を建てて大仏をつくり、仏に守られた国をつくろうとした。筑前国分寺もその一つで、現在は塔跡の見事な礎石と、講堂跡、そして金堂跡にあるお堂の中の平安時代末の伝薬師如来(重要文化財)に昔をしのぶことができる。
尼寺はここから西300mの所といわれる。

<説明プレートより>