梅の花 散らくはいづく しかすがに この城の山に 雪は降りつつ
(大監 大伴百代)

天平二年正月十三日(太陽暦の二月八日)、大宰帥旅人(だざいのそち たびと)の館で梅花の宴が開かれた。長官旅人をはじめ北は壱岐、対馬、南は薩摩、大隅から守(かみ)以下目(さかん)まで三十二名が集まって、それぞれ歌を詠んだ。その時の一首。作者は大宰府の官人百代(ももよ)。
梅の花の散る所はどこだろうか、だって目の前の城(き)の山(四王寺山)には雪が降っているよという意。

<説明プレートより>