この川にかかる橋は300mほど離れたところに1本あるだけで、この橋がなければかなりの迂回を強いられるところでした。