こんなところに歴史の遺物が!

「防塁」とは元寇防塁のことで、鎌倉時代、蒙古襲来に備えて海岸線に沿って築かれた石防塁です。
高さ・幅は平均すると約2mもあります。
実際、弘安の役では防塁が築かれたところからは、モンゴル軍は一切上陸できなかったそうです。